キングダム

呉鳳明は史実に実在?クズで最期は裏切り死亡?

呉鳳明 史実 実在 裏切り クズ 最期
Pocket

秦国が主人公のキングダムですが、敵国キャラが魅力的なのも人気のひとつ!

今回はその中でも人気のキャラクター、魏の将軍の呉鳳明(ごほうめい)を紹介したいと思います。

奇抜な発明や天才的な戦術を用いることから知将な一面もありますが、師匠を裏切り死に追いやったクズ将軍とも言われているキャラクター。

実在したかどうかは様々な見解があるようです。

実際に史実では実在したのか?師匠を裏切るクズ将軍とは?裏切り者の最期はどうなるのか?

そんな人気キャラ、呉鳳明(ごほうめい)を史実をもとに登場から最期までを調査したいと思います!

 

呉鳳明は史実に実在?

キングダム内で描かれている呉鳳明(ごほうめい)は魏の将軍で知将の印象があります。

実は呉鳳明(ごほうめい)は実在していなかったとされていて、キングダムの作者の原先生によって生み出されたキャラクター。

ではあの独特なキャラクターはどうして出来上がったのか。

またあの奇抜な戦術や発明は実際はどうだったのか?

父、呉慶(ごけい)との関係やクズ将軍のレッテルは実際どうなのか調査していきます。

 

呉鳳明とは?

25巻で魏、趙、楚、燕の合従軍内で魏の将軍として登場しました。

秦の六将軍、趙の三大天と並ぶ魏火龍七師のひとり、霊凰(れいおう)を師に持つ魏の知将です。

初登場シーンで他国の将軍たちを冷静に判断し、また李牧(りぼく)を意識していることから知将の印象を植え付けましたね。

実際の戦闘シーンでも奇抜な戦術や、函谷関(かんこくかん)を攻める際に用いた発明、井闌車(せいらんしゃ)で秦国を苦しめた。

また父、呉慶(ごけい)を秦国将軍の麃公(ひょうこう)に討たれていることから秦国に対して深い恨みを持っています。

 

史実に実在した記録が残る?

呉鳳明(ごほうめい)はキングダム内での完全オリジナルキャラクターになります!

少し意外ですよね。

ヤングジャンプ内のインタビューで、キングダムの作者の原先生が呉鳳明(ごほうめい)は完全オリジナルキャラクターだとおっしゃっています。

またこの時代の魏の武将の記録がほとんど残っておらず、魏国を描くのが難しいと記載もありました。

ちなみに父、呉慶(ごけい)の名前は記録がありますが、キャラクターは完全オリジナルとのこと!

 

呉鳳明はクズで最期は裏切り死亡?

人気キャラのはずの呉鳳明(ごほうめい)がなぜクズと言われるのか?

原先生の熱がこもったキャラクターの印象が強いだけに気になります。

なぜ今の呉鳳明(ごほうめい)のキャラクターが出来上がったのか。

また完全オリジナルキャラクターの最期はどうなるのかなどの考察を混じえて調査していきましょう!

 

性格はキングダムで一番クズ?

呉鳳明(ごほうめい)はキングダム内で一番のクズだと言われています。

その理由は師の霊凰(れいおう)を裏切ったことが大きでしょう。

具体的には、単行本37巻、第400話「陥落と退避」でのこと。

著擁(ちょよう)の戦いで秦の王賁(おうほん)が立てた3軍で同時に魏軍本陣に攻めるという作戦で信、王賁、録嗚未(ろくおみ)が攻めました。

そして呉鳳明(ごほうめい)を討ち魏軍本陣を落としましたが、実は影武者だった。

逃げる呉鳳明(ごほうめい)を信が見つけ討ちにでますが、その場にいたのは呉鳳明(ごほうめい)と師の霊凰(れいおう)。

そこで呉鳳明(ごほうめい)に裏切られ霊凰(れいおう)は信に討たれました。

そのことから裏切り者のレッテルを貼られましたね。

その後の呉鳳明(ごほうめい)の発言で「大師、霊凰(れいおう)の力は14年前に止まっている。だが俺はあと一年で霊凰(れいおう)に並び、次の一年で大きく引き離す。強き者が残らねば。」と残しています。

 

最後は裏切られて死亡する?

そんな裏切り者の呉鳳明(ごほうめい)の最期はどうなるのか。

原先生が作り出したオリジナルキャラなだけに気になりますよね。

ここからは考察になりますが、霊凰(れいおう)を裏切ったときに霊凰の側近たちから恨みを買っているのでそれが布石となり、側近たちの裏切りで死亡するのでは?という言われています。

ただ、キングダムを読んでいてもわかりますが、原先生の呉鳳明(ごほうめい)愛が強いことから、呉鳳明の最期=魏の最期とも言われており、史実で魏を滅ぼすのは王賁(おうほん)と記録されていることから王賁に殺害される説も濃厚。

個人的には謄(とう)将軍との関係から謄と決着をつけてほしいなと感じます。

 

まとめ

魏の知将、呉鳳明(ごほうめい)は史実で実在したのか?また最期はどうなるのかを調査、考察していきました!

師匠を裏切り死に追いやるクズさがでましたが、本人の発言から自分のためではなく、祖国魏のための選択に感じます。

ただその裏切りが原因で最期は霊凰(れいおう)の側近たちに殺害される説もありますが、史実で魏を滅ぼすのは王賁(おうほん)ということもあり最期は王賁の槍に貫かれるのかもしれませんね。

史実では実在していないキングダムのオリジナルキャラクターなだけに今後の活躍が気になります。

原先生はクズ将軍、呉鳳明(ごほうめい)の最期をどう描くのか。

今後のキングダムに期待し楽しみにしておきましょう。