キングダム

ひょうこう将軍最後は死ぬ!盾と名言を信に託す?

ひょうこう将軍 最後 信 盾 名言 死ぬ
Pocket

キングダムの主人公・信は、数々の将軍たちと出会います。

そして将軍たちから大きな影響を受け、信は成長していくのです。

そんな信の成長をみていくのもキングダムの楽しみの1つではないでしょうか。

その中でも特に個性の強く信に大きな影響を与えた将軍といえば、ひょうこう将軍!

そんな彼は、秦国でトップクラスの将軍です。

その彼の武器である矛や盾は彼の代名詞と言っても過言ではありません。

最後は死んでしまいますが、最後まで信に大きな影響を与えました。

またひょうこう将軍といえば、数々の名言!

作中でも様々な名言が生まれていましたね(^^)

今回は、ひょうこう将軍彼の最後についてをまずみていきます。

その後、彼の名言最後に信に彼の盾を託すのかについてみていきましょう!

 

ひょうこう将軍最後は死ぬ!

ここでは、ひょうこう(麃公)将軍についてみていきます。

信の第2の師と呼ばれるひょうこう将軍!

彼はどのような将軍なのでしょうか?

そして、彼の最後はどのようなものだったのか?

早速みていきましょう!

 

ひょうこう将軍とは?

ひょうこう将軍は、信の第2の師として信に道を示してきました。

王騎将軍と同様に高い人気を誇るキャラクターです!

初回登場は原作第5巻で、かなり序盤の方ですね。

秦国トップクラスの将軍であるひょうこう将軍!

キングダムでは将軍を知略型と本能型に分けています。

ひょうこう将軍は、本能型の頂点とも言われるています。

とてつもない勘の鋭さで、知将の数々の戦略を見破ってきました。

また、戦場での破壊力はとても凄まじく描かれていますね!

作中でもトップクラスではないでしょうか‼︎

そんな彼の使用武器は、矛です。

大きな矛を振りかざす姿は、とても勇ましくかっこいい!(^^)

また彼の盾は、大きく印象的です!

キングダムの実写撮影で使用した衣装と武器の展示で、この盾の展示にファンたちが大興奮するほど!

この矛と盾は、彼の象徴といっても過言ではありません。

また、ひょうこう将軍といえばお酒好き!

「戦いに勝利した夜に、うまい酒を飲めれば満足」と言っているほどです。

武将としての生き様もかっこよく、器の広さにも定評があるひょうこう将軍。

彼を慕う仲間は多かったと思います。

ひょうこう将軍のような人が上司や先輩なら…と考えた読者の方も多いのではないでしょうか!

 

ひょうこう将軍最後は死ぬ!

ここではひょうこう将軍の最期をみていきましょう。

彼の人生に幕が閉じるのは、合従軍との戦いです。

ここで、趙の武将・龐煖(ほんけん)と戦います。

龐煖の圧倒的な武力にも屈することなく立ち向かうひょうこう将軍!

壮絶な討ち合いの末、彼は片腕を切り落とされてしまいます。

しかし、ここで終わるひょうこう将軍ではありません!

片腕が無くなっても、彼は龐煖の首を狙い立ち向かいます。

最後は、執念で龐煖の片腕をへし折りました。

ここでひょうこう将軍は信にある名言を遺し、自らの人生に幕を閉じました。

この名言は後ほど取り上げます。

ひょうこう将軍の最後の戦いは、読んでいて涙が溢れてきました…。

最後まで死を感じさせない表情。

本当に戦いが好きだったのだと思います。

そのブレない生き様もとてもかっこよかったです!

 

ひょうこう将軍は盾と名言を信に託す?

さあ、上ではひょうこう将軍について見ていきましたね。

ここからは、彼の人柄が分かる名言をいくつか紹介していきます。

彼の名言は、キングダムの中でも有名ですよね!

また、これらの名言や彼の盾を弟子である信に託したのか?

そこには一体どんな思いがあったのでしょうか?

一緒にみていきましょう!

 

ひょうこう将軍の盾と名言って何?

では早速、ひょうこう将軍の名言をみていきましょう!

ここより先は臭くてかなわん、引き返すぞ

これは、呉鳳明が「流動」という策を使おうとした時の言葉です。

魏軍の怪しげな動きを本能的に察知したひょうこう将軍!

即座に撤退を決め込んだシーンでした。

彼の本能型の頂点と言われるにふさわしい名言でしたね!

儂はただ戦場で戦い、勝利し、その夜うまい酒を飲めればそれで満足じゃったからのォ

信が、ひょうこう将軍に「なぜ六将軍にならなかったのか」を尋ねた時の名言です。

地位や名誉にとらわれない、ひょうこう将軍の人柄と生き様が現れていました!

本当に戦うこととお酒を楽しむことが好きだったんですね(^^)

突撃じゃあ!

合従軍編、開戦間際に楚軍の第一将・臨武君の号令をかき消すほどのひょうこう将軍の号令!

この号令で、秦軍の士気も高まり戦いに勢いがつきました!

しょうこう将軍を表したような豪快でストレートな名言です!

火を絶やすでないぞォ

合従軍編で、龐煖との戦いの末に敗れることを悟ったひょうこう将軍。

彼が自らの盾と共に信に託した名言です!

これは、彼の最期の言葉になりました。

キングダムの中でもとても印象深い場面ではないでしょうか。

信に向かって咸陽へ行くように言い、最後まで諦めるなと信に道を示ました。

死ぬ間際とは思えない表情が、ひょうこう将軍らしさを表していましたね。

私はここで泣いてしまいました… ( ;  ; )

 

盾と名言を信に託す?

ここまでは、ひょうこう将軍の名言をみていきました。

最後に取り上げた名言が、ここでお話しすることを物語っています。

合従軍との戦いで、彼が死を悟った時のことです。

ここで、ひょうこう将軍は信に「咸陽に行け!童信!」と言い、信に自分の盾を投げました。

彼に盾を託したのです。

そこには、なんとしても秦を守り抜いて欲しいという熱い想いがあったのではないでしょうか。

そして、「火を絶やすでないぞォ」と信に期待して死にました。

仲間に思いを託し、自分は命をかけて敵を足止めしたのです!

武将として見事な散り方だったと思います!

本当にめちゃくちゃかっこよかった‼︎(T∧T)

 

まとめ

今回は、ひょうこう将軍について詳しくみていきましたね!

彼は信の第2の師であり、信に大きな影響を与えてきました。

本能型で野性味溢れる戦いぶりは、とても印象深いものです。

彼が盾を持ち矛で敵を倒す様、その破壊力は作中トップクラス‼︎

そんな彼の最後の死に様は、とてもかっこよく私たち読者の心を鷲掴みにしました!

また、ひょうこう将軍は数々の名言を残しています。

それら名言は、彼の人柄を物語るものでしたね!

死ぬ間際に信に託した名言と盾は、彼の熱い思いが込められていたのではないでしょうか!

もうひょうこう将軍の活躍が見れないのが残念でなりません…。

しかし、彼の意志を継いだ信のこれからの活躍に期待しています(^^)