呪術廻戦

呪術廻戦160話ネタバレ最新確定!虎杖は羂索と親子!伏黒恵は日車追跡で東京第1結界突入!

呪術廻戦 ネタバレ 160話 最新 速報 確定 考察
Pocket

前回の呪術廻戦では、新キャラ・日車寛見一色の回となりましたね。

何だか彼の過去を読んで、呪詛師となった夏油傑を思い出してしまったのは私だけでしょうか…( ;  ; )

呪術廻戦160話でも、まだまだ日車寛見の過去が描かれると思いきや、まさかの羂索メイン回となりました!

何でも、羂索は今宮城県仙台市にいるとか…(・_・;

そして、もっと驚きなのが、虎杖が所属していたオカルト倶楽部の佐々木と井口先輩が登場することです!

どんな展開になっているのでしょう?

2人を傷つけないで下さいよ、羂索‼︎

また、ここでもう1つ衝撃の事実が判明します!

以前から何名もの方が気になっていたであろう、虎杖と羂索親子説!

こちらが、呪術廻戦160話でなんと確定!

どこで分かるのかもしっかり情報入れております‼︎

一方で、虎杖たちが“天使”を探す場面も描かれました。

そして、いよいよ死滅回游結界内突入です!

虎杖と伏黒恵は東京第1結界(コロニー)に入るようですが、その目的は…?

今回も読み応え抜群の回となっていますので、確定情報を最後までお楽しみ下さい(^^)

この記事は「呪術廻戦160話ネタバレ最新確定!虎杖は羂索と親子!伏黒恵は日車追跡で東京第1結界突入!」と題しまして、呪術廻戦160話のネタバレ最新確定速報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦160話のネタバレ最新確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦160話ネタバレ最新話確定速報!

9月27日(月)掲載予定の呪術廻戦160話ネタバレ確定速報が入りました!

タイトルは、『コロニー』

※呪術廻戦【最新160話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

呪術廻戦160話ネタバレ最新確定|虎杖のことを息子と言う羂索!

羂索と佐々木は、結界外に向けて歩き続けていました。

道中、羂索は佐々木に次のような言葉を言います。

「言い忘れていたが、息子と仲良くしてくれてありがとう。」

場面は変わり、オカルト倶楽部のもう1人の部員・井口が佐々木の名前を呼んでいるシーンになります。

その呼び声で佐々木は目を覚ますと、街の真ん中の黒い大きな円形(結界)の壁のすぐ外にいたのです。

佐々木だけでなく周りにいる皆が、羂索の夢を見たとのこと。

しかし、羂索から“息子”のことを聞いたのは彼女だけだったのです。

彼女は、その“息子”と言うのが虎杖であることを理解している様子でした。

ここで羂索は、虎杖のことをはっきりと“息子”と言ったのです。

もやもやしていた伏線が、ここで回収されましたね。

つまり、虎杖の母親は羂索だということ…(・_・;

これにもまた驚きです。

 

呪術廻戦160話ネタバレ最新確定|虎杖と伏黒は東京第1コロニーに突入!

場面は大きく変わり、虎杖たちが“天使”の居所を探っているシーンになります。

コガネを介して、“天使”の居所を探しますが、死滅回游参加者にそのような名前の人物は見つかりませんでした。

パンダは、“天使”は本名で無いのではと疑います。

その後伏黒恵が、天元様の情報で“天使”が東京第2コロニーにいることを突き止めました。

ここで死滅回游の情報収集のために、3手に分かれることにした虎杖たち。

秤金次・パンダチームは、東京第2コロニーに入り、“天使”と鹿紫雲一を追います。

虎杖・伏黒恵チームは、東京第1コロニーに入り日車寛見を追い、星綺羅羅は非常時に備えて結界外で待機となりました。

ついに、死滅回游結界内に突入です。

コガネが、虎杖たちに結界内に入る時の諸連絡を済ませ、一同は結界内に突入しました。

呪術廻戦160話のネタバレ最新確定情報は以上となります。

いよいよ、結界内突入ですね!

>>【続き】呪術廻戦161話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦160話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦160話ネタバレ最新考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

弁護士・日車寛見は、刑務所の面会室で容疑者・大江と話をしていました。

大江の無罪を立証すべく、調査する日車寛見と部下・清水。

清水は、日車寛見の正義感の強さに困っている様子です。

日車寛見の元仕事仲間らしき高木という女性は、彼の正義感は以前よりもさらに強くなっていると話します。

以前、依頼人を無罪にすることができなかった日車寛見は、依頼人から逆恨みされた過去がありました。

高木は日車寛見を案じますが、彼は弱者である依頼人を気にかけています。

日車寛見は、自分がおかしいと思ったことを放っておけない性分だと高木に話し、自らの信念を口にしました。

そして場面は、大江の裁判に変わります。

第一審で、大江は無罪になるものの、第二審で有罪無期懲役刑が下りました。

その判決が下った後、大江の日車寛見を見る目は、かつて逆恨みされた依頼人の目そのものだったのです。

日車寛見の中で何かが崩れたような感覚になります。

裁判官が、上告の説明をしている時、木槌を叩く音が法廷内に響き渡りました。

日車寛見は、不穏な雰囲気で後退りすると、両手を広げます。

彼の後ろに、天秤のような式神が現れたところで、呪術廻戦前話は終わりました。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 日車寛見の式神の能力
  • 虎杖が死滅回游参加者になっている理由
  • 死滅回游別サイドの様子

以上を中心に呪術廻戦160話について最新ネタバレ考察していきたいと思います!

 

呪術廻戦160話ネタバレ最新考察|虎杖の死滅回游参加は羂索の仕業?

死滅回游がスタートした呪術廻戦ですが、様々な疑問点や伏線がまだまだありますね。

今回は、虎杖が死滅回游参加者になっている理由について考察しました!

結論、虎杖の死滅回游参加は羂索の仕業だと睨んでいます!

以前虎杖が立てた仮説は、宿儺が羂索と契約して呪物になっており、その契約に死滅回游参加が含まれていたため、受肉した虎杖が参加者になっているというもの。

しかし、虎杖は自分の意思で指を取り込んだため、羂索の契約は成立しないと、伏黒恵が否定していましたね。

では、虎杖が初回に取り込んだ1本目だと思われていた宿儺の指が、実は2本目だったとしたら…。

話は、大きく変わってきます!

赤ちゃんだった虎杖と両親、おじいちゃんの過去回想の時のことを思い出してください。

虎杖の母親と思われる人物の額には、偽夏油や加茂憲倫と同じ縫い目がありました。

この描写は、彼女が羂索であることを描いているのではないでしょうか?

そして羂索自身が、赤ちゃんの虎杖に宿儺の指を受肉させていたとしたら…今回の虎杖死滅回游参加の根拠になります。

なぜ、子供の時に異変に気がつかなかったのかというと、羂索がその指に封印を施していたから。

羂索によって虎杖の中にあった1本目の宿儺の指の封印が、死滅回游開始の号令と共に解除されたのかと…(・・;)

虎杖が宿儺の器であることは、私たちが想像するよりずっと前に羂索によって仕組まれていたのかもしれません。




 

呪術廻戦160話ネタバレ最新話まとめ

意外すぎる展開に驚かれた方も多いのでは無いでしょうか?

私自身、日車寛見の続きが気になっていたので…驚きでした(^◇^;)

羂索は、虎杖の生まれ育った宮城県にいるということで、これから何を企んでいるのでしょう?

そして、虎杖を“息子”呼び…(・_・;

虎杖と羂索が親子であることが確定しました。

ここからさらに散りばめられた伏線が、回収される予感ですね。

また、虎杖・伏黒恵が東京第1コロニーに突入しました。

待ちに待った死滅回遊本格スタートで、今からワクワクが止まりません!

『呪術廻戦160話ネタバレ最新確定!虎杖は羂索と親子!伏黒恵は日車追跡で東京第1結界突入!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!