呪術廻戦

呪術廻戦162話ネタバレ最新確定!日車は新宿か池袋にいる!虎杖が羽場を撃退!

呪術廻戦 ネタバレ 162話 最新 速報 確定 考察
Pocket

【呪術廻戦162話ネタバレ最新確定!日車は新宿か池袋にいる!虎杖が羽場を撃退!】

10月18日(月)呪術廻戦162話ネタバレ確定速報が入りました!

こちらの記事では呪術廻戦162話のネタバレ最新確定をお送りしていきます!

皆様、2週間待ち遠しかったですよね〜(^◇^;)

前回の呪術廻戦では、何やら虎杖を知っている様子の甘井と怪しげな麗美が今後の鍵を握っていそうな感じでした。

今回の呪術廻戦162話では、いきなり虎杖が羽場を撃退しちゃいます!

初心者狩りなんて虎杖の敵ではなかったようですね!

ここで、甘井の正体がついに明らかに…。

そして呪術廻戦162話では、虎杖側と伏黒側両方が描かれますが、双方の話題は“日車の居所”

なんと日車は新宿か池袋にいるとのことなんですが、なんで情報が一貫してないのでしょう…?

この情報はどこからなのか⁉︎

今回2週間も待って、待ちきれないという皆様のためにしっかり情報を掴んできましたので、最後までお楽しみください♪

この記事は「呪術廻戦162話ネタバレ最新確定!日車は新宿か池袋にいる!虎杖が羽場を撃退!と題しまして、呪術廻戦162話のネタバレ最新確定速報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

呪術廻戦162話のネタバレ最新確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦162話ネタバレ最新話確定速報!

10月18日(月)呪術廻戦162話ネタバレ確定速報が入りました!

タイトルは『東京第1結界(コロニー)②』。

※呪術廻戦【最新162話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

呪術廻戦162話ネタバレ最新確定|虎杖vs羽場開戦!

前回、登場したプロペラ男の羽場。

呪術廻戦162話は、虎杖vs羽場の開戦から始まります!

虎杖は、羽場に向かって瓦礫を投げつけました。

羽場は、瓦礫をプロペラで簡単に弾き返します。

その隙に虎杖が一気に羽場との距離を詰め、羽場の右足を掴むことに成功!

羽場は、バランスを崩してそのまま落下してしまいます。

2人は13階立てのビルに激突し、4階辺りまで壁を突き破りながら落ちていったのです。

落ちた所で、間髪入れずに羽場がプロペラで虎杖を攻撃。

虎杖は羽場の攻撃を避け、距離を取りました。

羽場のプロペラは、長さ、角度や強度を調整することが可能なようで、その強度は鉄骨を切ることも出来るそうです!

強化したプロペラで羽場は、虎杖に攻撃を仕掛けてきました。

しかし、虎杖は至って冷静。

先程の羽生との戦闘から、術式の基軸となる頭部から離れるほど身体の強度が下がることを分析します。

羽場の場合も頭が1番硬いことを予想しながらも虎杖は、羽場の頭部を拳でかち割ろうと考えたのです。

激突する2人、羽場は頭部から出血し動きが止まり、虎杖は拳から血が吹き出しました!

その様子に勝利を確信した羽場は、虎杖に襲いかかろうとします。

しかし、虎杖の左ミドルが羽場の腹部にもろに入りました!

やっぱり、虎杖の大胆な戦い方が好きだなぁ(^^)

初心者狩りなんて蹴散らしてしまえー!




呪術廻戦162話ネタバレ最新確定|甘井は虎杖と同郷!

羽場は、虎杖の攻撃で気を失ってしまいました。

日車の居所を聞きそびれてしまった虎杖。

そこに甘井が現れ、虎杖の名前を呼びます。

甘井は、日車を知っていることと、虎杖に久しぶりと声をかけました。

しかし虎杖は、困惑した表情を浮かべます。

頭の中で、甘井のことを考えても全く心当たりがないのです。

虎杖は、甘井に誰だと尋ねました。

その言葉に表情を強張らせる甘井は、虎杖が“西中の虎”であったことを知っていると話します。

虎杖は、その言葉に同じ地元だったのかと甘井を受け入れました。

甘井と虎杖は同郷のようですね!

しかし、顔を強張らせた甘井が気になります…(・_・;

 

呪術廻戦162話ネタバレ最新確定|日車の居所は新宿か池袋!

場面は、麗美と伏黒恵に移ります。

伏黒は、麗美が過去の術師ではないことを確認していました。

死滅回游では、結界内にいた非泳者は一旦外に出られますが、泳者はそうではないと麗美は言います。

麗美曰く、すでに12日が経過している死滅回游では、殺さなければ殺されるバトルロワイヤル状態とのこと!

話を聞き考え込む伏黒でしたが、麗美にどこに向かっているのか尋ねました。

しかし、麗美は伏黒の安全性が保障されていないので行き先を教えません…。

一方、甘井と虎杖は日車の居所に向かって話しながら歩いていました。

ちなみにこの時、甘井のフルネーム・甘井凛が明らかになります。

そして、日車の居所が麗美と甘井の口からついに明かされました!

麗美:日車は新宿にいる。

甘井:日車は池袋にいる。

日車の居所について2人は別の場所を言っています…。

そして呪術廻戦162話は、新たなキャラクターの登場で締め括られました。

長髪で左腕に“不退転”と入れ墨が入った男が、異様な雰囲気で座っていたのです。

一体、この男は何者なのでしょう…?

ここで呪術廻戦162話は終了です。

甘井と麗美のどちらかが嘘を言っているのか、どちらとも嘘を言っているのか…?(・_・;

新キャラも登場で、めちゃくちゃ面白かったです(^^)

>>【続き】呪術廻戦163話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦162話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦162話ネタバレ最新考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

場所は、東京第1結界内。

サングラスの女が、街を見下ろしていました。

彼女は、甘井という人物と一緒のようです。

場面は変わり、虎杖と伏黒恵が東京第1結界に向かって歩いていました。

伏黒恵は、虎杖に泳者について説明をしています。

程なくして2人は、東京第1結界に突入しましたが、突然分断されてしまいました。

虎杖は、先ほどのサングラスの女から攻撃を受け、女以外にも2名が敵として登場。

サングラス女は“羽生(はにゅう)”、プロペラ男は“羽場(はば)”とジャージ姿の“甘井(あまい)”それぞれの名前も出てきています。

一方伏黒恵は、麗美(れみ)という女と交戦後、行動を共にすることになりました。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 虎杖サイドの様子
  • 甘井の正体
  • 伏黒恵と麗美の動向

以上を中心に呪術廻戦162話について最新ネタバレ考察していきたいと思います!

 

呪術廻戦162話ネタバレ考察|真希の母は本当は娘を愛していた?

呪術廻戦17巻を購入した方もいらっしゃると思います♪

先日、私も手にいれました(^^)!

気になるポイントが詰めこまれていましたが、今回はそんな中でも真希の母の行動に注目して考察していこうと思います。

禪院直哉にとどめを刺したのは、真希ではなく彼女の母だったという衝撃展開で終わった呪術廻戦17巻。

真希の母は最期に“産んでよかった”と、とても穏やかな笑みを浮かべながら言っていました。

今まで術師として忌み子とされる双子の真希と真依を虐げてきた母。

一体、どうして直哉にとどめを刺し、この言葉を言ったのでしょうか?

それは、真希の母は自分の娘である真希と真依を本当は愛していたからだと思います。

私も1人の子を持つ親ですが、自分の子を心から虐げる親なんてそうはいません!

そして、自分の子が他人から罵倒されることが、どれほど腹立たしいことか…‼︎怒

真希の母もきっと同じ気持ちだったと思いますが、家柄的に反論することができなかったのでしょう…。

また、術師には命の保証がありません。

そんな危険な術師になるよりも、禪院家の女中になる方が安全だと考え、あえて術師にならないように冷たい態度を取っていたのではないでしょうか?

しかし、母の思いとは裏腹に真希は術師としてとても強くなり、禪院家を壊滅状態にさせてしまいます。

真希の母は、自分で道を切り開いていった愛する真希が、誇らしく思い“産んでよかった”と言ったのだと思いました。

そして、娘を禪院家から守りたいと考え、直哉にとどめを刺したのでしょう…。

今まで母親らしいことが出来なかった分、母親として娘を命をかけて守る姿だったとしたら泣けてきますね( ;  ; )




呪術廻戦162話ネタバレ最新考察|甘井は虎杖の小学校の同級生たかし君?

死滅回遊編に突入してからというもの、序盤に出てきたキャラクターが再登場していますね!

佐々木と井口先輩の再登場は、ちょっと嬉しかったです(^^)

そして前回登場した甘井は、虎杖を知っている様子でした。

一体、甘井は誰なのでしょう…?

虎杖が東京に来てから、知り合いといえば高専メンバーと東京に引っ越して来ていた中学時代の同級生・小沢。

甘井と接触した形跡はなさそうです(・・;)

そうなると、甘井は小沢と同様に宮城での知り合いと考えられますね!

ここまで懐かしのキャラが再登場を果たしていることから、甘井は虎杖の小学校時代の同級生・たかし君ではないでしょうか⁉︎

たかし君は、虎杖が吉野順平宅でご飯を食べていた時に話に出て来た小学校時代の同級生です。

糸蒟蒻を外来種の幼虫と言ってビビっていた男の子。

この時は、名前だけで苗字は出てこなかったので可能性はあります!

また漫画ではたかし君の容姿は出てきていませんが、アニメの方で出てきており、痩せたら似ているなーって感じました(^ω^;)

芥見先生は、釘崎野薔薇の幼少ビジュアルをアニメの絵をそのまま使ったと言っていたので、甘井もアニメの絵をみて作画したかもしれませんよ(^^)

 

呪術廻戦162話ネタバレ最新考察|伏黒恵がゲームオーバーの危機?

前回登場した新キャラ・麗美。

めちゃくちゃ怪しい‼︎

単独で初心者狩りをしているとも考えにくいですし、すぐに降参するのも何か違和感です‼︎

麗美の伏黒恵への態度は、全部演技だと私は思っています。

おそらく次に伏黒恵たちの前に出てくる泳者は、麗美とグルで、恵は背後から麗美に攻撃されてしまうかもしれません‼︎

早くも伏黒恵ゲームオーバーの危機かも…⁉︎

実際に、虎杖サイドでも複数の泳者がチームになっていたので可能性はありますよね。

伏黒恵もそれを見越して麗美の騎士役を了承していればいいのですが…(・_・;

怪しすぎる麗美から目を離さないようにしましょう‼︎




呪術廻戦162話ネタバレ最新考察|羂索は新たな身体に乗り換え準備中?

皆様、前回の羂索の縫い目の描かれ方の違いにお気づきでしょうか…?

虎杖の母親と同じような縫い目の描かれ方がされている部分もあり、この不気味な縫い目に何か意味がありそうです(・_・;

そもそも羂索の縫い目は“縛り”とのこと。

他人の身体を乗っ取った縛りとして縫い目があり、反転術式での治療はできません。

しかし、虎杖の母親の額の縫い目は、少し薄れているように私は感じています。

そして夢と現実の間で佐々木先輩に会った羂索の縫い目も薄れていましたね…(・・;)

どうして縛りである縫い目を、あえて違った描き方にしているのでしょうか?

今回考えた1つの可能性は、羂索は別の身体に乗り換え準備をしているのではないかということです(・_・;

虎杖の母親の場合は、虎杖を産めた時点で用済みのため、乗り換え準備中だったとか…。

そして現在の羂索の場合は、夏油傑の姿で五条悟を翻弄し封印完了と真人の無為転変で死滅回游をスタートできたことで、用済みなのではないでしょうか⁉︎

夏油傑の姿での目的は達成できたので、次は別の目的のために身体を乗り換えようとしているのかもしれません…(・_・;

そのため縛りが薄れて、縫い目も薄れてきているのではないでしょうか?

まだ、完全には乗り換え準備が整っていないため、夏油傑の額の縫い目が薄れたり、はっきりしたりしているのかも!

ちなみに乗り換え先は…息子である虎杖だと睨んでいます…(・_・;

もし考察通りだとしたら、夏油傑の身体を使い捨てとか…羂索許せない‼︎

 

呪術廻戦162話ネタバレ最新話まとめ

『呪術廻戦162話ネタバレ最新確定!日車は新宿か池袋にいる!虎杖が羽場を撃退!』と題し、最新話の呪術廻戦162話の内容をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

虎杖の豪快な戦い方で羽場を撃退しましたね!

プロペラおじさん破れたりっ‼︎

そして、日車の居所を教えてくれた甘井と麗美ですが、2人が池袋と新宿という別々の場所を言っているのが謎です( ;  ; )

最後の新キャラも個性的すぎて…∑(゚Д゚)

正直、2週間明け…めちゃくちゃ面白かったです‼︎

死滅回游において、この呪術廻戦162話は結構重要な回になったのではないでしょうか⁉︎

情報整理して考察していきますよ〜♪

『呪術廻戦162話ネタバレ最新確定!日車は新宿か池袋にいる!虎杖が羽場を撃退!』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!