呪術廻戦

呪術廻戦163話ネタバレ最新考察!東京第1結界の中心は上野公園?甘井の術式は千里眼?

呪術廻戦 ネタバレ 163話 最新 速報 確定 考察
Pocket

 

【呪術廻戦163話ネタバレ最新考察!東京第1結界の中心は上野公園?甘井の術式は千里眼?】

こちらの記事では呪術廻戦163話のネタバレ考察をお送りしていきます!

前回の呪術廻戦162話では、日車の居所と新キャラの登場で面白いが止まらない回でしたね!

そして今回の呪術廻戦163話では、日車の元に向かう伏黒恵サイドの様子が描かれると予想しています。

もしかしたら、麗美と新キャラは仲間なのでは…?(・・;)

また虎杖と同郷だという甘井は、遠方からも虎杖を認識できたことから、彼の術式は千里眼ではないかと思っています。

私の予想だと、甘井は虎杖に嘘を言っている可能性が…∑(゚Д゚)

そして日車の居所が池袋か新宿ということで、東京第1結界は上野公園を拠点に半径10kmの範囲なのではないかと予想しております!

詳細は後ほど!

今回は呪術廻戦163話展開考察の他、甘井凛の術式と東京第1結界の考察もしていきますので、最後までお楽しみください♪

この記事は「呪術廻戦163話ネタバレ最新考察!東京第1結界の中心は上野公園?甘井の術式は千里眼?と題しまして、呪術廻戦163話のネタバレ最新確定速報をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦163話のネタバレ最新確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦163話ネタバレ最新話考察!

呪術廻戦163話ネタバレ最新考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

虎杖は、初心者狩りの羽場を撃退しました。

羽場から日車の居所を聞きそびれてしまった虎杖でしたが、ここに甘井が現れます。

甘井は、虎杖が“西中の虎”であることを知っていると話し、2人が同郷ということが明らかに。

そのまま2人は行動を共にすることになります。

ここで場面は、麗美と伏黒恵側に移りました。

麗美は、伏黒を信じていないため行き先を教えてくれず、揉めている様子。

そして、ついに日車の居所が明かされますが、麗美は新宿、甘井は池袋と別々の場所を言っているのです。

最後に呪術廻戦前話では、長髪、入れ墨の新キャラが出て終了しました。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 新キャラの正体
  • 甘井は本当に虎杖と同郷なのか
  • 東京第1結界の詳細

以上を中心に呪術廻戦163話について最新ネタバレ考察していきたいと思います!

 

呪術廻戦163話ネタバレ最新考察|麗美と新キャラは仲間?

呪術廻戦前話で登場した新キャラ!

半裸だし、入れ墨はあるし…かなり個性的なキャラクターにびっくりしました(^◇^;)

彼は、“あの子は、いつになったらカモを連れてくる”と口にしているため、戦うというよりかは誰かを待っている様子。

新キャラの言いぶりから、“あの子”は彼より年下で若い子だと予想されますね。

私は、直感的に麗美のことだと思いました!

そうです!

麗美と新キャラは仲間で、現在麗美と一緒にいる伏黒恵が彼の言う“カモ”になります(・_・;

つまり、新宿には日車ではなく、新キャラがいるのではないでしょうか…∑(゚Д゚)

呪術廻戦163話では、新キャラと伏黒恵が対面するかもしれません!




呪術廻戦163話ネタバレ最新考察|甘井の術式は千里眼?

甘井と虎杖は同郷ということもあり、行動を共にすることになりました。

日車の居所も知っており、これから頼りなる仲間になれば良いのですが…。

しかし、呪術廻戦初登場から甘井の言動には違和感があります(・_・;

双眼鏡なしに、遠方から虎杖を認識できたことが1つ。

2つ目は、一方的に虎杖を知っているだけと分かっていて、“久しぶり”と声をかけたことです…(・_・;

普通なら久しぶりなんて言いませんよね?

これらのことから甘井の術式は“千里眼”なのではないでしょうか?

遠方の様子を把握できることと、会話をした相手の思案を透視できるという能力!

虎杖にわざと自分のことを誰と聞かせて会話を交わし、虎杖の脳裏から“西中の虎”というワードを透視したのでは…?

この時、虎杖は甘井を思い出そうと色々思案していたので、これも甘井の作戦だったのかもしれません。

信用されやすいワードを透視するためにあえて“久しぶり”なんて言ったのだとしたら、甘井も相当頭がキレそうです。

虎杖に関しては、宿儺の器ということで呪詛師の中でも知っている人間は多いでしょうから、虎杖が注目されていても不思議ではありません。

甘井も呪詛師から情報をもらっていた可能性は十分にあります。

となると、甘井の日車が池袋にいるという話も嘘の可能性大です!

甘井に関しては、もっと警戒する必要があるのかもしれません。

 

呪術廻戦163話ネタバレ最新考察|東京第1結界の拠点は上野公園?

死滅回游の結界が北海道を除く各地点に設置されていますね!

私の地元・広島にも設置されており、芥見先生が広島を描かれる日が待ち遠しいです(^^)

そんな結界ですが、、規模や拠点の詳細はまだ明かされていません。

しかし、宮城の結界や呪術廻戦前話の情報からかなり大きな規模だと予想されます。

今回は、虎杖と伏黒恵のいる東京第1結界の規模について考察していきましょう!

結論から言うと、東京第1結界は上野公園を拠点に半径10kmの範囲で展開されていると予想します!

結界内は、呪霊が発生しやすい場所や人の呪いが集まりやすい場所に設置してあるのではないでしょうか?

上野公園は、東京大空襲で被害が大きかった場所の1つです。

空襲で亡くなった人の火葬を行っており、上野公園では多くの呪いが集まっていると言っても良いかもしれません。

また、半径10kmの範囲には、有名墓地や伝馬町牢屋敷跡地もあります。

ここは現在有名心霊スポットとなっており、呪力が溢れていそうです(・_・;

今の状況では、新宿や池袋が中心にありそうなのですが、実は全然違った場所が中心地だったら面白いと思い考察してみました!

こんなに広かったら鵺で虎杖を捜索できないのも納得ですね(・_・;

 

呪術廻戦163話ネタバレ最新話確定速報!

10月25日(月)掲載予定の呪術廻戦163話ネタバレ確定速報は木曜~土曜辺りに入る予定です。

情報は入手次第、随時ネタバレ確定速報を更新します!

日々チェックしてください!

※呪術廻戦【最新163話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。

 

呪術廻戦163話ネタバレ最新話まとめ

『呪術廻戦163話ネタバレ最新考察!東京第1結界の中心は上野公園?甘井の術式は千里眼?』と題し、最新話の呪術廻戦163話の内容をご紹介して参りました。

いかがでしたでしょうか?

呪術廻戦前話では、麗美の新宿発言と甘井の言動の違和感、新キャラ登場と…情報がたくさんでしたね〜(^^)

甘井の術式は千里眼で、虎杖の頭の中を透視したのではないかと思っております!

虎杖と同郷であることも嘘、池袋も嘘だったらどうしよう…(^◇^;)

そして、東京第1結界の規模考察もしていきましたが、いかがでしたでしょうか?

ズバリ、東京第1結界の拠点は上野公園で直径20kmの規模!

全国に設置されている割には、数が少ないのでかなり大きな結界なのだと思っています!

呪術廻戦163話でコガネあたりが暴露してくれたら嬉しいのに(^^)

次回も楽しみでなりません♪

『呪術廻戦163話ネタバレ最新考察!東京第1結界の中心は上野公園?甘井の術式は千里眼?』以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!