キングダム

キングダム作者の離婚いつ?原因は浮気二股の最低なクズ?

キングダム 作者 離婚 いつ 原因 浮気 二股 最低 クズ
Pocket

61巻までの累計発行部数が8000万部を突破した、大人気漫画『キングダム』

そのキングダム作者の原泰久先生は、実はすでに結婚と離婚を経験されています。

なんと離婚は、原先生の浮気と二股が原因だったとも…。

それが事実なのだとしたら、キングダムに登場する愚王達にも優るとも劣らない最低のクズです;

そもそも原先生はいつ離婚されていたのでしょうか。

そこでこの記事では、キングダム作者の原先生がいつ離婚されたのか、その原因と合わせて報道されている内容から詳しくご紹介します。

原先生の浮気、さらには二股疑惑まで徹底調査!

そんな最低のクズとは思いたくありませんが、人気作家の噂に尾鰭は付き物。

詳しく見ていきましょう!

 

キングダム作者の離婚はいつ?

『キングダム』の作者、原泰久先生の離婚は事実です。

週刊誌でも報道され、このようにご本人もコメントを上げておられます。

では、原先生はいつ離婚されたのでしょうか

原因や疑惑について触れる前に、離婚時期と原先生の詳細についてまずご紹介していきます!

 

キングダム作者について!

キングダム作者、原泰久先生は現在46歳です。

佐賀県出身で、九州芸術工科大学画像設計学科を卒業。

さらに同大学院修士課程を卒業後、システムエンジニアとして一般企業でサラリーマンをされています。

最初から漫画家ではなかったんですね!

その後、会社には3年勤めて27歳頃に退社。

2006年から『キングダム』の連載を開始されました。

上記のツイートの通り、4巻(2007年2月発売)の巻末コメントで結婚報告をしており、元奥さんとは2006年5月に結婚されたことになりますね。

元奥さんはキングダムがヒットする前から原先生に寄り添ってきたのでしょう。

元奥さんは一般人で、2016年の『情熱大陸』では、原先生を車で送り迎えしているなど仲睦まじい様子が。

2013年9月には、3人目のお子さんが生まれたことも、原先生がTwitterで報告されています。

長年連れ添った奥さんに、3人の子ども。

仕事も順調で順風満帆に見えましたが、一体何があったのでしょうか…。

 

いつ離婚した?

原先生が元奥さんと離婚したのは、2020年3月とされています!

離婚については、週刊誌で原先生とタレントの小島瑠璃子さんとの熱愛報道があってから明らかになりました。

2020年9月に出された原先生のコメントの中で「今年の3月に離婚」との明記が。

『週刊ポスト』で小島瑠璃子さんとの熱愛が報じられたのは2020年7月31日のことです。

原先生の離婚について知らなかったファンからは「小島瑠璃子と不倫か?」などと誹謗中傷が集まりました。

しかし、実際小島さんと本格的に交際を始められたのは2020年の春だったそうで、小島さんと不倫関係だったわけではないようです。

ただし原先生の離婚を巡る話には、さらに深い憶測が…。

次項でさらに詳しく!

 

キングダム作者の離婚の原因は浮気二股の最低なクズだったこと?

時系列からすると、キングダム作者・原泰久先生と小島瑠璃子さんの関係は不倫ではありませんでした

ただ、離婚してからお付き合いするまでの期間が短すぎるような気も…。

また、原先生は小島さん以外の女性の噂も週刊誌で取り上げられています。

離婚の原因は原先生の浮気二股にあったのでしょうか…。

週刊誌の内容と合わせて、時系列でご紹介していきます!

 

キングダム作者の離婚原因は浮気?

ここで気になるのが、キングダム作者・原先生の離婚原因ですよね。

なんと、週刊誌によると原先生の浮気が離婚の原因ではないかと言われています!

取り上げたのは『週刊文春』

「元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属。テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になりました。2年ほど前から本格的な交際に発展したと聞いています。当時、原さんには奥さんがいましたので不倫ということになります」

出典:https://bunshun.jp

この記事は2020年8月のものなので、「2年ほど前」とは2018年になります。

つまり2018年の、まだ元奥さんと結婚されている時期に、原先生は小島瑠璃子さんとはまた別の女性とお付き合いをされていたということです!

浮気どころか完全な不倫!

また、別の取材によると、小島さんが”元奥さんから略奪した”ということは原先生のお母様が否定されていました。

しかし、その取材の中で原先生の実のお兄さんが以下のように答えられています。

「弟が離婚したのは昨年の冬です。慰謝料と養育費は、ちゃんと払っています。小島さんとは離婚した後の話であり、離婚とは全然関係ないと、弟から聞いています」

出典:https://www.excite.co.jp/

こちらの記事も2020年8月のものですが、お兄さんの発言からも離婚時期は少なくとも2019年末以降と分かります。

そして、お兄さんのこの発言には「慰謝料」という言葉が。

慰謝料は精神的損害に対する賠償金ですから、元奥さんとは円満離婚だったわけではないということが推測されますね。

原先生の正式コメントにも「私の不誠実な行い」とあるので、やはり原先生が小島さん以外の女性と浮気をしており、それが離婚の原因となったと考えられます。

そしてこの話にはまだ続きが…

 

二股もする最低なクズ?

週刊誌の報道で、原先生の不倫が発覚!

さらに原先生は、この不倫相手と小島瑠璃子さんを二股していたのではないかという疑惑が浮上しました。

これを取り上げたのも2020年8月26日の『週刊文春』です。

 事情を知る原氏の友人が明かす。

「『週刊ポスト』が小島と原氏の熱愛を報じたのは7月31日のこと。すると、その直後、元アイドルのAさんがSNSに『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』などと書き込んだ。さらに、『キングダム』ファンから批判された小島が『誹謗中傷は終わりにして欲しい』とツイッターに投稿すると、Aさんはさらに『誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任』などと反論したのです」

出典:https://bunshun.jp/

このAさんは、元々原先生以外に婚約者がいたそう。

けれど、原先生に結婚をほのめかされたため、自身の婚約者とは別れ、2020年5月に芸能界も引退しています。

『FRIDAY DIGITAL(2020年9月19日)』によると、Aさんは原先生と結婚するためにこのように準備を整えていたのだとか。

ところが2ヶ月後に原先生と小島瑠璃子さんの熱愛が報道され、小島さんも熱愛を認めるような事態に!

元々不倫関係にあったとされるAさんですから、公に「二股だ!」とは言えませんよね…。

ここまでの時系列を整理してみました。

  • 2006年 原先生、元奥さんと結婚
  • 2013年 原先生とAさん、NHKの番組で共演
  • 2018年 Aさんと交際に発展
  • 2018年末 原先生と小島瑠璃子さん初共演
  • 2019年末〜2020年3月 原先生離婚
  • 2020年春 小島瑠璃子さんと交際
  • 2020年5月21日 Aさん芸能界引退
  • 2020年7月31日 小島瑠璃子さんとの交際報道
  • 2020年8月2日 AさんTwitterに書き込み
  • 2020年8月26日 『週刊文春』で不倫報道
  • 2020年9月3日 原先生、正式コメント発表

小島さんと原先生がいつ頃交際を始めたのか、Aさんがいつまで原先生と交際をしていたのかははっきりと分かりません。

なので、原先生の二股については疑惑のままです。

ただしこれが事実だとすると、流石に最低のクズだと言われても仕方がない行いなのでは…。

ちなみに、この元アイドルAさんは、ツイート内容の一致などから”歴女アイドル”と言われていた小日向えりさんではないかと特定されています。

泥沼の四角関係です…

 

まとめ

キングダム作者・原泰久先生の離婚歴と原因についてご紹介しました!

いつ離婚されたのかは、食い違う部分もあります。

まとめとしてはこちら!

  • 2019年末から2020年3月までに離婚
  • 小島瑠璃子さんとの交際は2020年春から
  • 元アイドルAさんとは2018年から不倫関係
  • 二股かどうかは不明

本当に離婚の原因が、原先生の浮気だとすると何とも言えませんね…。

時系列がいつになるのかによって、浮気だけでなく二股をしていたことにもなります。

これではファンから「最低なクズだ」と言われても仕方がないでしょう。

とはいえ、あの『キングダム』の作者です!

事実は最低なクズだとしても、それだけ多くの女性に惹かれる魅力があるのでしょうね。

作品と作者は別物として、これからもキングダムを楽しんでいければと思います!