キングダム

キングダムえいせい漢字と呼び方は?信が始皇帝『政』と呼ぶのは無礼?

キングダム えいせい 漢字 呼び方 始皇帝
Pocket

『キングダム』といえば、古代中国・秦の始皇帝であるえいせいが、元下僕の少年と中華統一を目指す漫画!

史実に基づいてストーリーが作られているのも面白いところですよね。

話の中で後の始皇帝となるえいせいは、信に「政」と呼ばれているのですが…。

信のこの呼び方に対して、周囲の人々がギョッとする場面も多くあります。

そこでこの記事では、キングダムえいせいの名前の呼び方や漢字について改めてご紹介!

えいせいの呼び方や漢字にどのような意味があるのか、古代中国の史実に沿って調査してみました。

史実での意味が分かれば、信の呼び方に対する認識も変わるかもしれませんよ…?!

それでは参りましょう♪

 

キングダムえいせい漢字と呼び方は?

後の中国の始皇帝となる、第31代秦王・えいせい。

漢字は「嬴政」と表記します。

これは史実でも同じで、教科書にも載っているよ!

まずはこの名前の漢字に込められた意味をご紹介!

そして、キングダムの中の各登場人物がえいせいを何と呼んでいるのか、呼び方も詳しく見ていきたいと思いますよ!

 

キングダムえいせいの漢字の意味は?

えいせいの名前は、姓が「嬴(エイ)」で名が「政(セイ)」です。

当時の秦王室の姓が「嬴」だったため、それを引き継いだ形になりますね。

父親の荘襄王の名前は「嬴子楚」だったよね!

キングダム59巻で信が姓を決めるときに、つけたい姓で「嬴」を挙げて却下されたのは当然といえます(笑)

そして名前の「政」は、正月(政月)に生まれたからだとキングダム8巻で明かされていました。

ちなみに、この「嬴」という漢字は訓読みで「か-つ」とも読め、なんと「勝利」という意味があるのだとか!

偶然ですが、「政」にはまつりごと、つまり人民を統治するといった意味があります。

後に中華を統一した始皇帝になる人物として、「嬴政」はこれ以上ないふさわしい名前ですよね!

 

えいせいを『政』と呼ぶのは3人だけ!

そして、えいせいに対する呼び方ですが、実は現在の作中でえいせいを「政」と呼ぶのはたった3人なんですよ!

信・河了貂・そして母親の太后だけです。

太后に信と河了貂が並んでいるのってすごいよね(笑)

えいせいが趙にいた頃はまだ大王でも太子でもなかったため、周囲から「政」と呼ばれていました。

紫夏も「政様」と名前で呼んでいましたよね。

ただ、えいせいが大王になってからは、家臣も人民も「大王様」が基本。

弟の成蟜や成蟜の妻の瑠衣ですら「嬴政(様)」と呼んでいるので、「政」呼びがいかに限定されているか分かります!

 

キングダム信が始皇帝を『政』と呼ぶのは無礼?

えいせいを「政」と呼ぶのが作中たった3人なんて、とても少ないですよね!

中国では基本的に下の名前で呼ぶので、「政様」でもいいのでは…と思いませんか?

昌文君とか「嬴政様」って呼んでそうなのにね

実は古代中国では名前に関する、あるしきたりが。

ここからはえいせいの呼び方に関して、史実に沿って詳しく解説していきます!

 

キングダム信が『政』と呼ぶのは無礼?

信や河了貂は、えいせいに出会った序盤から大王と知りながら「政」と呼んでいましたよね。

実は大王であるえいせいを「政」と呼ぶことは、信じられないくらい無礼なことなんだとか!

えー!?親しみこもってるのに?!

本来、「政」という名前は諱(いみな)で、つまり忌むべき名前として家族以外の人物に知られてはいけないものでした。

知っているのは母親の太后や、父の荘襄王、祖父の孝文王くらいのもの。

呼んでいいのも両親や先祖だけだったんですよ。

よって赤の他人、しかも下僕の身分である信などが大王を呼び捨てにするなんて当然あってはならないこと!

むしろ信や河了貂が大王の名前を知っていること自体、現実ではあり得ないことなんです。

 

古代中国で始皇帝の呼び捨ては即処刑!

当時の古代中国の常識では、始皇帝を呼び捨てにするなんてことがあれば即刻死刑!!

上記の理由から、そもそも「政」という名前を知られること自体あり得ません。

その上で、さらに下僕が大王の諱を呼び捨てにするだなんて、とんでもない無礼として死刑は当然のことだったんですね。

実際、作中でも信が呼び捨てにすることに関して、周囲が驚いたりドン引きしたりする場面がたくさんありました。

信が呼び捨てしていることにムカついている家臣もいたよね

鄴の戦いでえいせいを「政」と呼ぶ信に対して、飛信隊の面々は「呼び捨てにするな」と怒ったり、「こっちが怖い」と言ったりと信じられない様子。

死刑になる可能性を考えると当然の反応ですよね。

信の場合は、最初にえいせいと行動を共にするとなった時に「王であるお前にひざまずくわけではない」と発言しており、えいせいもこれを認めています。

始まりは大王に対する反発心だったのかもしれませんが、次第に「政」という呼び方に親しみがこもってきたのは間違いないはず!

大王として特別視するのではなく、共に支え合う存在であるからこそ、信はえいせいを大王として認めてからも「政」と呼んでいるのでしょう!

フィクションとはいえ、信や河了貂とえいせいの固い絆を感じられるなと思いました♪

 

まとめ

キングダムで、秦の大王であるえいせいの名前について詳しくご紹介してきました!

後の始皇帝となるえいせいですが、その名前の漢字や呼び方に焦点を当てるとまた新しい見方ができます。

筆者も「嬴」という漢字に「勝利」という意味があることには驚きました!

そして、「政」という呼び方を許していることが、えいせいにとってどれほど特別なことなのかも、史実を辿ればより感じることができましたよね。

きっとキングダムの中で始皇帝になったとしても、信はえいせいを「政」と呼ぶんだろうなと思います♪

始皇帝に近づくえいせいと信たちの戦いを、今後も見守っていきましょう!