キングダム

キングダム上和龍は史実に実在?最後の死亡シーンと名言を紹介!

キングダム 史実 実在 最後 死亡 名言 上和龍
Pocket

キングダム702話で青歌城から来たと判明した新キャラ上和龍じょうかりゅう)」

李牧軍の将軍として登場した新キャラです。

そして何と言ってもしぶい男なんですよね〜♪

そんなしぶい男「上和龍」がどんな人物なの〜?

と気になっている人は多いと思います。

という訳で、今回は「キングダム上和龍は史実に実在?最後の死亡シーンと名言を紹介!」と題しまして…

キングダム新武将・上和龍について、史実に実在していたのか徹底的にリサーチしてみました!!

さらに…

「上和龍は最後どのように死亡するのか?」

名言や名シーンはあるのか?」

も合わせて紹介!

上和龍は本当に実在してどんな最期を迎えるのか気になりますよね?

これからのキングダムでネタバレ展開についても言及していきます♪

それでは、上和龍について詳しく見ていきましょう!!

 

キングダム上和龍(じょうかりゅう)は史実に実在?

李牧軍の将軍として登場した新キャラ・上和龍史実に実在していたのか?

キングダムと史実に違いはあるのか?

さらにイケメンおじさんとなれば、もちろん気になりますよね!!

この章では李牧軍、将軍上和龍が史実に実在していたのかを紹介していきます。

李牧軍の将軍と言うことは、かなり頭の切れる将軍であることが予測できます…。

しかしまだ、上和龍の詳細は青歌城の将軍であること以外、明らかになっておりません。

これから趙侵略を目指していく秦軍には大きな壁となるのでしょうか?

それでは、まずは上和龍がどんなキャラクターなのか見ていきましょう!

 

キングダム上和龍(じょうかりゅう)とは?

ここでは…

「そもそも上和龍って?」

「えっ何話に出てきたの?」

と言う方に向けて、初登場した時のストーリーを紹介していきます♪

上和龍がキングダムに初登場したのは「702話」です。

702話は李牧が2日こもりっきりで策を考えている場所から出てくるとこから始めります…

そして李牧は策を伝えるため諸将を集めました。

そこに呼ばれたのが「上和龍(じょうかりゅう)」だったのです。

その名前の横には「青歌城 将軍」と書かれていたことから、趙の青歌城の将軍であることが明らかに…。

さらに李牧に呼ばれると言うことは、かなり頭の切れる将軍であることも予測できます。

見た目からは、かなり経験を積んだ武将で武力と戦術眼を兼ね備えていそう…

李牧軍には、ほうけんという圧倒的な武の力の代わりになるかもしれません。

秦国にとっては、なかなか手強い相手になることが予測できます!!

・・・・・

以上、「キングダム上和龍(じょうかりゅう)とは?」でした。

次はそんな上和龍は実際に実在したのかを、紹介していきます♪




上和龍(じょうかりゅう)は史実に実在した?

ここでは…

「上和龍って史実に実在したの?」

「それとも、原先生のオリジナルキャラクターなの?」

と言う方に向けて、史実に実際にいたのかを紹介していきます♪

結果から言いますと、

じつは…よくわかっていません…

キングダムの元ネタとなっている「史記」

しかしこの中には詳細なことまでは書かれていないのです。

結果だけが書かれており、そこに辿り着くまでは原先生の脚色が入っているのです…

ここからは考察なのですが、

上和龍オリジナルキャラクターである可能性が高いです。

理由として、趙軍の将軍史実8人しか出てこず、6人はすでに登場中…

そして残り2人の名前にも「上和龍」の名はありませんでした

このことから「オリジナルキャラクター」である可能性が高いと考えます!

・・・・・

以上、「上和龍は史実に実在した?」でした。

いかがだったでしょうか…?

上和龍の考察はまだまだ続きますよ♪

 

キングダム上和龍(じょうかりゅう)の最後の死亡シーンと名言を紹介!

上和龍が何者か分かったでしょうか?

なかなか手強そうなことは分かったと思います♪

そして、この章では…

そんな上和龍の「死亡シーン」と「名言シーン」を考察していきたいと思います!

そんなシーンが史実では描かれている訳ないので、

あくまでの私の考察となります…。

こういう展開じゃないかな、ということもネタバレ考察していきたいと思います!!

 

上和龍(じょうかりゅう)の死亡シーンとは?

ここでは上和龍の死亡シーンを考察していきます…

ここで押さえておきたいのは、

上和龍が青歌城の将軍であることです。

青歌城といえば…司馬尚(しばしょう)ですよね…!

李牧さえ認める武将です。

そして、この司馬尚には史実の記録が1つ…

秦が王翦(おうせん)が総司令として本格的に趙に攻略に乗り出してきた時、司馬尚は李牧とともに将軍として秦を迎え撃つのです。

ここに上和龍も将軍として登場する…

と考えます。

そしてこの戦は趙軍が有利に進んでいく…!

しかし史実では、李牧と司馬尚は謀反を起こそうと考えている、

と秦側の策略で趙王に賄賂を渡し、2人を将軍から離脱させるのです…

そして司馬尚の代わりの大将軍として、上和龍が任命されます。

納得がいかない上和龍ですが、現場は離れられません…

そこで、秦軍の誰かに討ち取られるのではないかと考えます!!

どうですか…?

もうひとつは、もうすぐ開戦する、「肥下の戦い」で軍を率いて桓騎軍と戦うかもしれませんね。

しかし、この戦いではまだ死亡しないと思います。

・・・・・

以上、「上和龍(じょうかりゅう)の死亡シーンとは?」でした。

次はそんな上和龍の名言も考察していきます♪

 

上和龍(じょうかりゅう)の名言とは?

ここでは上和龍の名言シーンを考察していきます!

みなさん上の章を読んだらわかると思いますが、

上和龍の名言は李牧が連れ去られる時に誕生するのではないでしょうか?

例えば…

「李牧様がその様なことをするわけなかろう!!」

「誰だそんなこと言ってる奴!!殺すぞ!!!」

的な感じでしょうか?

もしくは…

「何?謀反の疑いで李牧様を連れていく!?」

「よし!今から趙王を殺しにいくぞ!!」

でしょうか(笑)?

どちらにせよ、

彼の死亡シーンと名言シーンはまだまだ先になると考えられます…

・・・・・

以上、「上和龍(じょうかりゅう)の名言とは?」でした。

いかがだったでしょうか〜?

 

まとめ

ご覧いただき、ありがとうございました。

この記事では…

キングダム上和龍(じょうかりゅう)史実に実在したのかという疑問や、

死亡シーン名言シーンを紹介してきました。

キングダムのおじさんってしぶくて、かっこいいですよね…!

以上、「キングダム上和龍は史実に実在?最後の死亡シーンと名言を紹介!」でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!!