キングダム

ほうけんと信の決着は何巻?一騎打ちの結末もネタバレ解説します!

キングダム ほうけん 信 決着 何巻 一騎打ち 結末 ネタバレ
Pocket

キングダムのほうけん(龐煖)は、武神と呼ばれるのも納得するほど強いですよね!

秦軍の前に幾度となく立ち塞がり、信とも何度も戦いましたが、決着は持ち越しとなっていました。

そんなほうけん(龐煖)と信の一騎打ちの結末は一体何巻で、どうなったのでしょうか?

ネタバレも交えて解説していきたいと思います!

ほうけん(龐煖)は個人の武力が最強クラスで信とも因縁があり、信が天下の大将軍になるためには絶対に倒さなければならない相手でしたね!

それでは、決着は何巻だったのか、一騎打ちの結末をご紹介します!

これまでのキングダムのネタバレもありますのでご注意くださいね

それでは早速ご紹介しましょう♪

 

ほうけんと信の決着は何巻?

ほうけん(龐煖)といえば信の憧れである王騎将軍を討った武将で、信にとっては許せない敵の一人です。

飛信隊で最強の羌瘣ですら歯が立たなかった相手…。

圧倒的に力の差がありそうな龐煖に、信はどのように立ち向かっていくのでしょうか

それではまず、龐煖とはどんな人物なのかご紹介しましょう!

 

キングダムほうけんのキャラクター紹介!

それでは、キングダムでのほうけん(龐煖)はどんなキャラクターだったのか見てみましょう。

龐煖は趙三大天の一人で、自らを「武神」と呼び、武を追求するキャラクターです。

公式ガイドブックには以下のデータが。

  • 武力:100
  • 指揮力:皆無
  • 知力:馬鹿ではない
  • 武神度:100!

何とも振り切ったキャラクターですね!

ちょっと言い草は酷い気もするけど、武力に全振りしてることは伝わる!

龐煖は自分以外の強者の存在を許さず、強者の存在を見つけると単身で乗り込み、次々と討ち取っていきました。

軍を率いて自分の国の勝利に向かう他の武将とは違いますね。

龐煖はもともと気功術で人々を治療していた夫婦の間の子でしたが、ある日突然現れた大男に両親が殺され、自身も攫われた過去があります。

鄴編の19年前に、瀕死の李牧を見つけ、彼を「求道者」である自身を「導く者」だと悟り、追手を全滅させて彼を助け、その後行動を共にすることに。

馬陽編では総大将として出陣、飛信隊を半壊させ、王騎を討ち取りました

その後納得いかず、王騎の強さを確かめるため深山で山籠もりの修行をしますが、李牧の要請を受けて趙燕戦争の総大将となり、燕軍大将軍・劇辛を一騎打ちの末討ち取ります。

合従軍編では麃公を討ち取るなどの強さを見せ、鄴攻略編でも秦軍と戦い、最強の名を欲しいままにする戦いぶりを見せつけました。

飛信隊もよく被害に遭ってるよね…

 

ほうけんと信の決着は何巻?

信の憧れである秦の将軍王騎、麃公、元六大将軍摎などを討ち取られ、飛信隊の仲間も何人も殺され羌瘣も酷い目に遭わされてしまっているほうけん(龐煖)は、信にとって絶対に討たなくてはいけない相手。

信が龐煖と対峙するときはいつも並々ならぬ覚悟を持っていました!

そんな因縁の相手、龐煖と信の戦いが描かれるのはキングダム57巻から始まり、決着はキングダム58巻になります!

具体的にはキングダム627話の「道の行方」

鄴攻めもクライマックスに差し掛かる朱海平原の戦いの中での戦いが、馬陽の戦い以降因縁の相手となった龐煖と信の戦いの決着になります。

次の章で龐煖と信の戦いの決着について、ご紹介します!

がんばれ信!絶対に龐煖を倒すんだ!

 

ほうけんと信の一騎打ちの結末もネタバレ解説します!

ほうけん(龐煖)と信の最初の戦いは馬陽の戦いにさかのぼります。

夜襲を仕掛けてきた龐煖に手も足も出ない信。

悔しい思いをしましたね。

その後合従軍編で再び対決したとき、信は龐煖に重傷を与えることに成功!

信の成長が感じられた瞬間でした!

さて、信と龐煖の決着は一体どうなるのか?見てみましょう!

 

ほうけんと信最後の一騎打ちは朱海平原の戦い!

ほうけん(龐煖)と信の最後の戦いは、鄴攻めの終盤、朱海平原の戦いでの一幕になります。

秦と趙の戦いでありながら、鄴攻めの間全く姿を現さなかった龐煖。

しかし朱海平原15日目のこと。

飛信隊は李牧軍を追いかけ、もうすぐ李牧へと届きそうな場面です。

そこに龐煖が現れました!!

戦場にやってくるやいなや、龐煖は飛信隊をためらいなく襲います。

去亥が殺されたのはショックだった…

少し距離がある信の代わりに、まず羌瘣が龐煖の前に立ち塞がりました

羌瘣も馬陽で敗北した相手に、リベンジマッチを挑みます!

龐煖の左指、左腕とダメージを与えますが最後は龐煖に足をとられ、放り投げられてしまう羌瘣。

そしてそこに信がたどり着き、龐煖と信の一騎打ちが始まります

 

ほうけんと信の一騎打ちの結末ネタバレ解説!

傷ついた羌瘣を尾平に預け、ほうけん(龐煖)へと向かう信。

信の脳裏に龐煖に敗れた仲間たちの姿が浮かびます。

そしてそれが信の力の源に!

今まで止めることのできなかった龐煖の一撃を王騎の矛で受け止めます

何度斬っても立ち上がる信に王騎の姿を重ねる龐煖。

自分に抗える貴様らは何なのだと叫ぶ龐煖に信は「天下の大将軍だっつってんだろーが!!」と返します!

信の中にはいつも天下の大将軍があったんだね…

信の力は関わる人間の想いを紡いで束にして戦う力

その想いのない龐煖の刃は重くないと信は言います。

ボロボロになりながらも何度も立ち向かう信を見て、龐煖は自分の道すらなかったのではないのかと迷い始めました。

そこに振り下ろされる信の矛!

龐煖の薙刀が折れ、信は龐煖の額に一撃を叩き込みます!!

崩れ落ちる龐煖…ここに信の勝利が決まったのでした。

良かったあああああ!

龐煖はここで死亡します。

武力は間違いなく龐煖が最強でしたが、信が想いの強さで勝った名場面ですね!

 

まとめ

キングダムのほうけん(龐煖)と信の一騎打ちの決着について、ネタバレを交えてご紹介しました!

結末が何巻か気になっていた方も、お楽しみいただけましたか?

長かった因縁も、一騎打ちの末ほうけん(龐煖)が死亡して、決着は信の勝利に終わりました!

ほうけん(龐煖)のしぶとさに何巻まで戦い続けるんだろう…と思っていた読者の方も多いのでは?

これまで散っていった仲間たちの無念を晴らす大勝利の結末でしたね!

これからも気になることがあれば、ネタバレを記事にしたいと思います!

まだまだ盛り上がるキングダムが楽しみですね♪