キングダム

キングダムひょうは生きてる?政影武者の正体は双子だった?

キングダム ひょう 生きてる 政 影武者 正体 双子
Pocket

キングダムのひょうといえば、主人公である信の親友!

そして、政の影武者としてこの世を去った人物です( ;  ; )

ひょうの存在がなければ、信と政が出会うこともありませんでした。

キングダムの話を動かした最初のキャラクターと言ってもいいでしょう。

そんなひょうですが、もちろん序盤で死亡しており、その後信の精神世界にも登場しています。

まさか生きているなんて考えたこともありませんでした。

しかし、最近ひょうが生きているという考察をよく見かけるのです∑(゚Д゚)

一体、どういうことなのでしょうか?

しかも、ひょうの正体は政と双子の兄弟という意見も出ていきています。

とても気になりませんか?(^^)

今回は、キングダムひょうが生きている可能性と政の影武者の正体について徹底的に見ていきます!

ひょうの生存説や政との双子説についても分析していきますので、最後までお楽しみください(^^)

 

キングダムひょうは生きてる?

キングダム ひょう 生きてる 政 影武者 正体 双子

出典元:http://kingdom-fun.com

ここでは、ひょうが生きているかどうかについて分析をしていきます。

後半の政との双子説も解いていく前に、まずひょうについて簡単におさらいをしていきましょう!

信の親友であるひょうとは、一体どんな人物だったのでしょうか?

早速、見ていきましょう(^^)

とても興味深い考察だよね!気になるな。

 

キングダムひょうのプロフィールを紹介!

ひょうとは、主人公・信の幼馴染です。

信と同じ戦災孤児であり、下僕として生きていました。

ひょうは、責任感が強く冷静に物事を考えることができます。

2人の掛け合いでは、信とは対照的な性格や立ち振る舞いが印象的でしたね。

そして、ひょうの夢は天下の大将軍!

大将軍になるために、信と下僕として働く合間に毎日鍛錬をしていました。

ひょうの実力は信と拮抗しており、毎日の勝負で共に実力を上げていったのです。

このまま2人で将軍を目指していくのかと思いきや、ひょうの人生は昌文君との出会いで一変してしまいます。

昌文君は、偶然にも2人の鍛錬の場に居合わせました。

そして、その後ひょうだけを王宮に呼んだのです。

下僕から王宮の従者、ひょうの人生の逆転劇がここから始まるのかと思ったはず。

しかし、ひょうは後の始皇帝である政の影武者として殺されてしまいました

傷を負ったひょうは、信の元に帰ってきたのですが、既に痛みを感じないほど重症。

最期は、信に想いを託して死亡したのです。

序盤での親友の死に、驚かれた方も多かったと思います…。

そしてこのシーンはとても感動的で、キングダムに心を奪われた読者の方も多いことでしょう。

原作では、ひょうの葬儀も行われたという情報もあるため、まさかひょうが生きているなんて考えませんでした。

では次に、話題になっているひょうが生きている可能性について分析していきましょう。

ひょうの最期のシーンは涙が止まらなかったな…。

 

生きている可能性を分析!

ひょうが生きている可能性について、しっかり分析していきたいと思います!

ひょうが生きていると仮定して、信との最期の場面をみてみましょう。

まず信の元に現れたのは、ひょうではない別の誰かということになりますね。

その人物を仮にAとして、作中ではAの葬儀も行われていました。

Aが死んだことは明白。

しかし、こうなると違和感や疑問が多数出てきました。

  • 信と暮らしていた場所を何故知っていたのか?
  • 下僕である信の前に現れた理由は?
  • 見ず知らずの信に想いを託す必要はあるのか?

Aが昌文君の命で演技をしていたと考えても、信のような下僕の士気を上げるような事は考え難いですね。

またAとひょうと政、瓜二つの人間が3人いるという設定も違和感を感じます。

別の情報では、作者の原先生も信にはひょうのお墓参りをして欲しいと話ていました。

これらのことから、政の影武者になったのはひょうであり、彼が生きている可能性はないと考えます。

信の精神世界にも現れているひょうが、信のただの妄想と考えるのも正直嫌ですよね(^◇^;)

今までのシーンの感動も薄れてしまいます…。

ひょうが生きている可能性を考えれば考えるほど、残念なことに違和感が出てきてしまう結果になりました。

ひょうが生きていたら嬉しいけど、望みはなさそうだな…。

 

キングダム政影武者の正体は双子だった?

では最近囁かれている、政の影武者の正体についてみていきたいと思います。

政と瓜二つだったひょう。

二人は実は双子なのではないかという考察です。

なぜこのような考察が生まれたか、また双子の可能性はあるのかについて一緒に見ていきましょう。

そして、上記でも紹介したひょう生存説について興味深いことが分かったので紹介していきますね!

政とひょうは双子なのかな?

 

影武者の正体ひょうは政と双子⁉︎

ひょうの死後、信の前に現れた政。

信も見間違える程瓜二つの2人は、実は性格も似ていることにお気づきですか?

ひょうは正義感が強く、真面目で冷静に物を考えることのできた少年でした。

そして、天下の大将軍になるという高い志も兼ね備えています。

影武者として、王騎軍に追われていた時のことを語った壁曰く、ひょうはまさに将だった言わせる程、リーダーシップのある人物でした。

政も同様に中華の唯一王という高い志と、長い戦乱の世を終わらせたいという強い正義感の持ち主です。

また、多くの戦いにも冷静に判断でき、国民を動かせるリーダーシップのある人物。

2人は、とても似ていると思いませんか?

実は2人の双子説が出てきた理由は、これだけではありませんでした。

政は王家では長男であり、王位を獲得した存在です。

古代中国では、王家の長男が王位を継承することが一般的。

王家の長男が2人存在していることは、とても都合が悪いのです

そのため、双子として生まれた2人は、王家の都合でひょうだけが捨て子になったのではないでしょうか。

2人があまりにも似過ぎていることから生まれた双子説は、十分に可能性があると思います。

ひょうが信の精神世界でも生きており、もし政の中にも兄弟として存在していたとしたら…。

個人的には、とても胸アツです( ;  ; )

今後、何か展開があることを期待しましょう!

とっても興味深い考察だね!

 

ひょう生存説は実写映画の伏線から発生?

実は、ひょう生存説が出てきたのは、実写映画のシーンからということが分かりました。

漫画や小説を原作とした映画やアニメは、時間やシナリオによって原作とは違う描かれ方をするのはよくあることです。

キングダムでも同様に、漫画とは違うシーンがいくつか存在します。

その1つが、ひょうの死亡シーンです。

原作ではひょうの死後、村には何も被害などはありませんでした。

一方映画では、村が焼き払えわれるシーンになっています。

このシーンから、ひょうは負傷はしているものの実は逃げて生き延びているのではという憶測が出てきました。

また、ひょうと政を演じた吉澤亮さんの名演技も相まって、このような予想が立てられたそうです。

今回、原作とは違う実写映画から派生した考察も興味深いと思いました!

映画ではまた違う展開も予想され、ますます次回作が楽しみです!

吉澤亮さんの演技は本当にすごかったよね!

 

まとめ

キングダム ひょう 生きてる 政 影武者 正体 双子

出典元:https://www.culture.city.taito.lg.jp

今回は、キングダムひょうが生きているのではという考察と政の影武者の正体についてを分析していきました。

いかがでしたでしょうか?(^^)

政の影武者として、この世を去ったひょう。

残念なことに、ひょうが生きている可能性はないと私は思います。

また、信も政の姿にひょうを見たほどに瓜二つな2人は、実は双子なのではないかという考察もありましたね。

容姿から性格まで瓜二つの2人。

その正体は、双子の兄弟だったとなれば、個人的にはかなりびっくりです。

もし本当であれば、信と政とひょうの3人で中華統一を目指している感覚になるため、嬉しく思います!

今回、これについての決定的な結論は出ませんでしたが、今後政とひょうについて何か展開があるかもしれません。

キングダムの今後の展開に期待しましょう(^^)