キングダム

キングダムかんき死亡する?史実の最期と弱点を紹介?

キングダム かんき 死亡 史実 弱点 最期
Pocket

山陽攻略編(19巻)で登場した桓騎(かんき)は、型にとらわれない戦い方をする豪快なキャラクターです。

蒙驁(もうごう)の副将時代から王騎(おうき)に認められていた桓騎(かんき)は将軍になり、さらに戦果をあげ実力をつけ、ついに六大将軍に任命されました。

元野盗ということで残虐な一面もありますが、重要な局面での活躍が多くキングダムの中でも人気のキャラクターです。

桓騎(かんき)といえば、名場面や名セリフが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

そんな重要キャラクターの桓騎(かんき)ですが、読者の間では死亡するのではないかとささやかれているようです。

桓騎(かんき)が死亡すると考えられているのは、なぜなのか気になりますね!

戦いの場での機転がきき独自の兵法で勝ち抜いてきた桓騎(かんき)に弱点はあるのでしょうか。

桓騎(かんき)の最期について、史実を踏まえて考察してみました!

弱点についても現時点で推測できる弱点を紹介させていただきます。

キングダムかんき死亡する?史実の最期と弱点を紹介?と題して記事にしましたので、ぜひご覧ください!

 

キングダムかんき死亡する?

桓騎(かんき)といえば、元野盗ならではの気性の荒さや豪快さと頭脳派な戦略を持ち合わせた戦いの天才!

残虐非道な面もありますが、キャラクターの人気投票では、羌瘣(きょうかい)、王騎(おうき)、信(しん)、蒙恬(もうてん)、楊端和(ようたんわ) に次いで第6位にランクインしている人気キャラクターです。

敵を出し抜く戦略に長けていて、ある時は奇襲、ある時は圧倒的な力で、敵城を攻め落としたり、窮地を切り抜けたりしてきました。

戦いの場での機転がきき、部隊を常に勝利に導いてきた不敗の将軍 桓騎(かんき)ですが、読者の間では六大将軍になった現時点で死亡するのではないかとささやかれているようです

いわゆる死亡フラグですね。

これまで数々の戦果をあげ、桓騎(かんき)なくしては勝てなかった戦いも多々ありましたので、嬴政(えいせい)が始皇帝となり中華統一を成し遂げるまで共に戦うと認識されていた人も多いのではないでしょうか。

六大将軍という実力を持った桓騎(かんき)が、なぜ死亡すると言われているのか気になりますね。

桓騎(かんき)という人物について今いちど振り返り、死亡すると言われている理由を考察してみましょう。

 

キングダムかんき(桓騎)将軍とは?

桓騎(かんき)は、もともと秦国で暴れまわる野盗でした。

蒙恬(もうてん)の祖父 蒙驁(もうごう)に見いだされ、蒙驁(もうごう)の副将に登用されます。

以来、桓騎(かんき)は野盗をやめて秦国の軍人として働くようになりました。

そのため、桓騎(かんき)は基本的に傲慢ではありますが、蒙驁(もうごう)には敬意をもっています。

現在の桓騎(かんき)の部下達は彼が野盗だったときの仲間や別の野盗集団から引き入れた者たちが多数で、桓騎(かんき)同様の荒くれ者で曲者ぞろいです。

気性が荒く豪快なイメージの桓騎(かんき)ですが、じつはかなりの頭脳派で敵を出し抜いたり、敵の裏をかく戦略に長けている戦の天才です。

将軍になり、桓騎(かんき)の才覚は戦の場で発揮されました。

その実力は王騎(おうき)にも認められています。

重要な局面での活躍が多く、独自の兵法や機転をきかせた戦略で時には不利な状況をもひっくり返し、桓騎(かんき)なくしては勝利できなかった戦もありましたね。

元趙の三大天 廉頗(れんぱ)、四天王 玄峰(げんぽう)、魏軍総大将 白亀西(はくきさい)、韓軍総大将 成恢(せいかい)、趙軍副将 紀彗(きすい)らを討ち取り、大きな戦果をあげてきました。

そんな桓騎(かんき)には、読者の心をつかむ名場面や名セリフが多いですね。

桓騎(かんき)の名セリフが印象に残っているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、桓騎(かんき)には降伏した敵兵を虐殺するなど、非人道的な場面が多々あり、残忍なイメージがついてまわります。

城を攻め落とした際に住人全員の首を落としたというエピソードは史実にも記されていて、「首斬り桓騎」という異名をつけられています。

戦の場で桓騎(かんき)がたびたび行ってきた残虐行為ですが、敵軍を完膚なきまでに叩きのめし、報復する士気さえ奪うという戦略なのでしょう。

敵にまわしたら、これほど恐ろしい人物はいないのではないでしょうか。

また、桓騎(かんき)は戦術や作戦を味方にも教えずワンマンな動きをすることから、秦陣営の中で信頼を得られていない状況にあります。

味方部隊と連携して戦うことは、あまり好まないようです。

黒羊丘編では手段を選ばない非道な戦略により、少ない損害で黒羊奪取を成し遂げますが、飛信隊(ひしんたい)からは嫌厭されてしまいます。

無駄な殺戮をしない信念を持つ飛信隊(ひしんたい)からすれば、相容れない存在なのでしょう。

 

かんき(桓騎)将軍は死亡する?

読者の間では、桓騎(かんき)が死亡するのではないかと言われています。

現在連載中のキングダムはストーリーの大詰めで、中華統一にむけ一層激しい戦いが続いていくと思われます。

趙国との戦いも避けては通れません。

当然、六大将軍となった桓騎(かんき)には、今まで以上の働きが求められるようになるでしょう。

まだ桓騎(かんき)が死亡すると決まったわけではありませんが、これまで読者の記憶に残る戦いをしてきた桓騎(かんき)ですから、死亡するとするならば、やはり戦闘の中でと思われます。

黒羊丘編で李牧(りぼく)が桓騎(かんき)の「弱点」を見つけたと言う一場面があったので、これが桓騎(かんき)が死亡する伏線になっているのかもしれません。

なにか嫌な予感のするひとこまでしたが、みなさんはどう思われましたか。

 

キングダムかんき(桓騎)の史実の最期と弱点を紹介?

キングダムは史実に基づいて構想が練られているので、当然ですが実在した人物が多々登場します。

桓騎(かんき)も実在した将軍です。

史実では最期どうなったのかが気になりますね。

歴史を紐解くことで、今後の展開がわかるかもしれません。

李牧(りぼく)が言っていた桓騎(かんき)の「弱点」についても、現時点で推測できる弱点を紹介させていただきます。

 

かんき(桓騎)将軍の史実の最期は?

史実では桓騎(かんき)の最期はどう記されているのでしょうか。

所説あるようですが、おもに三つの説が有力とされています。

 

  1. 李牧(りぼく)との戦闘で戦死した
  2. 李牧(りぼく)に捕らえられ斬首された
  3. 李牧(りぼく)との戦いに敗れ亡命した

 

史実によると桓騎(かんき)と最後に戦ったのは趙国最強の三大武将の一人、李牧(りぼく)です。

その後、桓騎(かんき)の名前は史実にでてこないので、李牧(りぼく)との戦いで死亡したと考えられています。

趙の三大天の李牧(りぼく)は、秦が中華統一を果たす上で避けられない最大の敵。

秦の将軍をたびたび打ち負かしてきた李牧(りぼく)の戦力は、現時点で最強と言ってもいいでしょう。

嬴政(えいせい)と信(しん)の前に立ちはだかる因縁の相手であり、ラスボスのような存在感の李牧(りぼく)。

桓騎(かんき)と同じく知略を巡らせた兵法を得意としています。

李牧(りぼく)と桓騎(かんき)の戦いは、史実どおりであれば桓騎(かんき)が敗北するということになります。

キングダムでは桓騎(かんき)にどのような最期が待っているかわかりませんが、史実を踏まえて考えると答えが見えてきそうですね。

読者の間で桓騎(かんき)が死亡するとささやかれているのは、史実で李牧(りぼく)との戦いにより死亡する説があるからなのでしょう。

李牧(りぼく)に捕らえられ斬首された、李牧(りぼく)との戦いに敗れ亡命した、という説もありますし、漫画ですから必ずしも史実どおりの展開になるとは限りません。

 

キングダムかんき(桓騎)将軍の弱点を紹介!

これまで不敗で戦果をあげてきた桓騎(かんき)。

読者の中には、このまま勝ち進んでいく桓騎(かんき)を見続けたいと思う人もいるのではないでしょうか。

桓騎(かんき)に弱点はあるのでしょうか。

黒羊丘編で李牧(りぼく)が桓騎(かんき)の「弱点」を見つけたと言う一場面があります。

しかし、その肝心な弱点については詳しく書かれていません。

そこで、現時点で考えられる桓騎(かんき)の弱点をいくつかあげてみましょう。

 

  1. 攻撃では強いが守りは弱いのではないか?
  2. 桓騎軍は他軍から助けてもらえない?
  3. 桓騎軍は桓騎(かんき)の言う事しかきかない?

 

独自の兵法や機転をきかせた戦略で、戦の場で優位に戦いを進めることが出来る桓騎軍ですが、黒羊丘の戦いでは敵の策略ハマって窮地に立たされてしまいます。

バラバラに散って逃げるなどして、なんとか全滅せずに済んでいますが、攻め込まれることに対する弱さがうかがえる場面です。

攻撃では強いが守りは弱いのではないでしょうか?

桓騎軍は桓騎(かんき)が独自の兵法で動かしている部隊なので、単独で動くことが多い部隊なので、他軍からは桓騎軍の状況がわかりづらいと考えられます。

強さで認められていて実力もあり、簡単に負けることはないと思われているので、窮地に陥っても他軍から助けてもらえない可能性が高いと言えるでしょう。

桓騎(かんき)の部下達は、桓騎(かんき)と同様 元野盗で荒くれ者の曲者ぞろいで、桓騎(かんき)だからこそ使ってこられた者たちです!

もしも桓騎(かんき)に何かあって指示が出せない状況になった場合、他の者に彼らをまとめることは無理でしょう。

あくまで推測ですが、桓騎(かんき)の弱点について考えてみました。

これまでの桓騎(かんき)がほぼ無敵であっただけに弱点らしい弱点は描かれていません。

李牧(りぼく)がみつけた桓騎(かんき)の弱点は、いったいどんな弱点なのでしょう。

今後、桓騎(かんき)の弱点に気づいた李牧(りぼく)が桓騎(かんき)を倒す策略を立てて仕掛けてくることも考えられます。

 

まとめ

読者の間で桓騎(かんき)が死亡するのではないかとウワサされていたので、桓騎(かんき)の最期について調べてみました。

桓騎(かんき)の弱点についても、現時点で推測できる弱点を紹介!

キングダム人気のキャラクター桓騎(かんき)が死亡するとは思いたくないのですが、史実を調べてみると可能性は高いように思われます。

桓騎(かんき)には、まだまだ活躍してほしいと思う人も多いのではないでしょうか。

今後の展開が気になって仕方ありませんね。

キングダムかんき死亡する?史実の最期と弱点を紹介?を最後までご覧いただき、ありがとうございました。