キングダム

キングダム羌瘣いいこと2つは?寿命と禁術の今後をネタバレ予想!

キングダム 羌瘣 いいこと 2つ 寿命 禁術 今後 ネタバレ 予想
Pocket

『キングダム』のヒロインの1人といえば羌瘣

命を落としかけた信を呼び戻すため、自分の寿命と引き換えに禁術を使用したことで話題になりましたよね。

生死の境で再会した羌象が、羌瘣に話した「悪いことといいこと2つ」の話を覚えていますか?

今後の羌瘣にとってのいいこと2つとは、一体何なのか気になりますよね…。

そこでこの記事では、キングダム羌瘣が禁術を使用したことで起こる「いいこと2つ」を徹底調査!

予想も交えてご紹介したいと思います。

さらに今後、禁術や羌瘣の寿命がどうなるのかネタバレ予想してみました!

キングダム62巻までのネタバレを含みますのでご注意ください♪

 

キングダム羌瘣いいこと2つは?

キングダム58巻で龐煖との一騎打ちの末、命を落としかけた信。

信の命を助けるため、羌瘣は蚩尤に伝わる禁術を使いました。

信を大切に想う羌瘣の気持ちが伝わる行動だった…

無事に羌瘣が信を生き返らせた後、”天地の間”で再会した羌象が羌瘣に語ったのが、禁術使用による「悪いこと」と「いいこと2つ」。

その内容とは結局どのようなものだったのでしょうか?

早速見ていきましょう!

 

羌象が語った悪いことといいこと!

「私の命を全部やるから」と禁術を使って信を助けに行った羌瘣は、結果として信の命を呼び戻すことに成功!

その帰り道、羌瘣は生死の境(天地の間)で羌象との再会を果たします。

羌瘣と羌象で恋バナする展開なんて可愛いよね〜

そして羌瘣の意識が現実に戻る前に、羌象は「(禁術使用に関する)悪いこと1つと、おまけでいいこと2つ」と意味深な話を始めたのでした。

この内、悪いことについては「羌瘣の寿命が縮んでしまったこと」であるとその場で明かされています。

元々、本人の寿命を減らすことでしかこの禁術は使用できないと分かっていたので、羌瘣も後悔はないとのこと。

逆に2つのいいことについては、この羌瘣と羌象の会話の中では読者に明かされていません。

一体何が「いいこと2つ」だったのか分からないまま、58巻及び鄴攻め編は終了してしまいます!

 

キングダム羌瘣いいこと2つは何?

結局、羌象が語った「いいこと2つ」とは一体何だったのでしょうか?

その答えの1つは、キングダム62巻670話で明かされています!

いいことの1つ目は、羌瘣の寿命が禁術を使用してちょうど他の人間と同じくらいの長さになったということ。

呼吸法を極める蚩尤は普通の人間より寿命が極端に長く、羌瘣はその中でもさらに長かったそうです。

悪いこととして挙げられていた「寿命が減ったこと」が、逆にいいことでもあったのですね!

1人寂しく長生きするなんてことが無くなったんだ!

そしてもう1つのいいことが何なのか、羌瘣は忘れてしまったのだそう。

しかし羌象が言うには、あくまで「いいこと2つ」はおまけなので、もう1つも禁術を使用したことによる副産物だと考えられるのではないでしょうか。

”天地の間”で羌瘣は羌象に、信についての自分の気持ちを明かしていました。

話の流れから考えると、羌象が語ったもう1つの「いいこと」とは、禁術を使用したことは羌瘣と信の関係に今後良い影響をもたらすということなのではと予想できます!

 

キングダム羌瘣の寿命と禁術の今後をネタバレ予想!

羌瘣の「いいこと2つ」の内もう一つが何なのか、いつか本編でも明かされるのでしょうか…。

ヒントになりそうな話はすでに本編で出てるんだ!

禁術を使用したことで、羌瘣の体には何らかの変化が起きているとみて間違いありません。

ここからは羌瘣の寿命がこの先どうなるのか、また禁術の今後について予想していきたいと思います!

「いいこと2つ」に繋がる話もあるかもしれませんよ♪

 

キングダム羌瘣の寿命はどうなった?

上記で明かされたように、禁術を使用したことによって羌瘣の寿命は以下のようになりました。

  • 寿命が大幅に減った
  • 減ったことで普通の人間と変わらない長さになった

羌瘣の寿命が減ったことは間違いありませんが、数ヶ月後に寿命が尽きるということはなさそうです!

キングダム58巻630話での幽連の話によると、信を呼び戻すには寿命の半分を使っても十に一つの可能性だったとのこと。

つまり、死者の世界の奥深くへ行ってしまった信を呼び戻すために、羌瘣は自分の寿命の半分を失ったとも考えられます。

減って普通の人間くらいって、よっぽど元の寿命が長かったんだね!

寿命以前に戦死する可能性ももちろんあるので、寿命が減ったことは本当に羌瘣にとって何も問題はなさそうですね!

 

キングダム羌瘣の禁術の今後をネタバレ予想!

禁術の今後について、キングダム632話では羌象が以下のように語っています。

  • 命の火が弱くなるから禁術は二度と使えない
  • 他の術も使えないか弱くなったかもしれない
死にかけた人を呼び戻す術が何度も使えたら展開的に困るよね(笑)

また、59巻640話では、羌瘣が龐煖に殺される夢を信もそして羌瘣も見ていました。

羌瘣曰く、禁術を使用したことで羌瘣の気が信の中に入ってしまったからだそう。

つまりこれ以降も、信と羌瘣は同じ夢を見たり、相手の精神状態や体調の変化などが分かるようになったのではないでしょうか?

信のことを好きだと自覚し、信にもその気持ちがバレてしまった羌瘣。

「今の気持ちは聞かなかったことに」と羌瘣は信に伝えていますが、禁術のせいで今よりもっと互いのことが分かるようになるのかも…!

羌象の言う「いいこと」のもう1つも、このことが関係してくるのではないでしょうか!

 

まとめ

ここまで、キングダム羌瘣の「いいこと2つ」が一体何なのかネタバレ予想してきました!

禁術の使用により寿命は減ってしまったようですが、逆にそれがいいことでもあったということですね。

今後の羌瘣と信の関係がどうなっていくのかまだまだ予想できませんが、寿命も同じくらいになったことですし、より2人並んで生きていく道も見えたのでは?

禁術を使用したことが今後の羌瘣にどんな影響を与えるのでしょうか…。

しかし、いいことが2つもあるのできっと問題ないでしょう!

まだまだ戦いも加熱する『キングダム』から目が離せませんね。

また情報が出ればネタバレと共にご紹介したいと思います♪