キングダム

キングダム弓兄弟の名前は?活躍と飛信隊入隊の経緯を紹介!

キングダム 弓兄弟 名前 活躍 飛信隊
Pocket

キングダムは、古代中国の春秋戦国時代を描いた物語です。

秦国の中華統一までを史実を元に描かれており、今までも様々な個性ある武将や兵士たちが登場してきました!

その中でも、主人公である信が率いている飛信隊に凄腕の弓兄弟がいることをご存知ですか?

彼らの本当の名前は何なのか、またどんな人物なのでしょう?

キングダムでも比較的新しいキャラクターの弓兄弟。

今回は弓兄弟2人の名前も含めて、彼らの魅力を紹介します!

また、飛信隊入隊の経緯や戦場での活躍についてもみていきましょう(^^)

ぜひ最後までお楽しみください!

 

キングダム弓兄弟の名前は?

ここでは、キングダムに登場する弓兄弟を詳しくみていきます(^^)

弓兄弟の弓矢の実力はどんなものなのでしょうか?

また、初登場はいつなのか?

謎の多い弓兄弟の本名と魅力について紹介していきます!

どんな人たちなのか楽しみ!

 

キングダムの弓兄弟って一体誰?

弓兄弟が登場したのは、単行本45巻491話。

飛信隊の増員が行われた時。

弓兄弟は狩人をしており、山で生活していました。

山から降りた際に飛信隊の事を噂に聞き、入隊試験を受けることにします。

結果、彼らは弓の実力を買われ飛信隊に入隊したのです!

その実力は、普通の10倍の距離から的のど真ん中を射抜けるというもの!

実は弓兄弟は、父親に弓矢を教わっていたのですが、彼らの父親は中華十弓に選ばれるほどの弓矢の使い手だったのです!

中華十弓とは、趙の武霊王の時に全土から選べれた弓の名手上位10名のこと。

彼らの父親は、秦で唯一十弓に選ばれている凄い人でした!

しかし飛信隊に入隊できた弓兄弟には、決定的な弱点がありました。

それは、人間を撃ったことがないということ。

弓兄弟は、この弱点を乗り越えて、現在弓部隊800人を率いる程になりました。

本当に凄い人たちだね!

 

2人の名前と魅力を紹介!

画像右側:兄・蒼仁(そうじん)。

小柄で長いまつ毛と八重歯が特徴です。

可愛らしい容姿からも読者から人気のある蒼仁。

その性格は、心優しくしっかり者!

弟をサポートしたり、時には叱ったりとこのギャップも彼の魅力の1つだといえます。

蒼仁の弓の特徴は、正確無比のコントロールです!

敵の急所を一撃で仕留めることができ、飛信隊を支えています!

初陣の際には、初めて人を殺したことに手の震えが止まらなかった蒼仁。

その時、可了貂から「震えてこその飛信隊だよ、仁。その優しさと弱さ、これから強くなる証だ。」と励まされていました。

そこからの蒼仁の成長は著しく、戦場で飛信隊をサポートするため奮闘しています。

画像左側:弟・蒼淡(そうたん)

大きく筋肉質な体格の蒼淡は、気が弱く優しい性格で、初陣では矢を敵に当てることができませんでした。

兄からも叱られ、ほろ苦い初陣を終えた蒼淡。

しかし、彼の実力を私たちはすぐに知ることになります。

彼らの2回目の戦である鄴攻略での朱海平原の戦いで、兄の蒼仁と可了貂が殺されかけた時、淡は弓で敵兵を撃ったのです!

その矢は、敵の顔を貫く威力でした!

「兄ちゃんを傷つける奴は、絶対に許さないぞっ!」

兄を助けたい一心で、蒼淡は弓矢を敵兵に撃ち続けました。

兄想いの優しさが強さに変わった瞬間です。

蒼淡の弓矢の威力は凄まじく、顔だけでなく鎧まで貫いてしまうほど!

彼の優しさと弓の威力は彼の魅力といえるでしょう(^^)

蒼仁と淡って言うんだね!

 

キングダム弓兄弟の活躍と飛信隊入隊の経緯を紹介!

ここまでは、弓兄弟・蒼仁と淡についてみていきました!

2人の魅力が十分分かったところで、ここからはと淡の活躍について見ていきたいと思います!

一体どんな武功をあげているのでしょうか?

また、飛信隊に入った経緯についても紹介していきます(^^)

一体どんな活躍をしているんだろう⁉︎

 

弓兄弟はどんな活躍を見せているの?

ここでは、2人の活躍についてみていきたいと思います!

《蒼仁の活躍》

  • 初陣で山の民の補助を見事務めた事
  • 十槍の一人を討ち取るきっかけを作った事
  • 朱海平原の戦いで、状況を独自判断し飛信隊をサポートした事、また可了貂を守った事

《蒼淡の活躍》

  • 朱海平原の戦いで、兄と可了貂を守り、将軍の金毛を討ち取った事

まず、兄の蒼仁の活躍は初陣・鄴攻めの列尾城での戦いの時。

人を撃ったことのない蒼仁は、初めこそ躊躇しますが、自らを奮い立たせ敵に弓矢を放ちます。

結果、列尾城壁上の兵士を次々と射抜き、山の民の城攻めを補助したのでした!

次に蒼仁と淡2人の活躍は、秦の鄴攻めの朱海平原の戦いの時。

蒼仁は、十槍の1人・平秀の右腕を射抜き、我呂は平秀を討ち取ることに成功したのです!

また、戦いの終盤で、軍師である可了貂が敵に狙われてしまいます。

敵は、可了貂を亡き者にし、飛信隊の侵攻を食い止めようと考えたからです。

可了貂が追い詰められ絶対絶命の大ピンチの時、彼女を助けたのが蒼仁でした!

弓矢が壊れた時も、体を張って可了貂を守り続けます

これは本当に素晴らしい活躍でした!

しかし、蒼仁も力尽きてしまいます。

蒼仁が殺されかけた時、弟の淡が覚醒!

兄を助けるべく、蒼淡は敵に弓を撃ち続けます!

そして、次々と敵を打ち取り、最後には敵の将軍の金毛まで討ち取ってしまったのです!

これは、素晴らしい活躍だったといえるでしょう!

凄い活躍だ!

 

2人の飛信隊入隊の経緯を紹介!

黒羊の戦い後に、飛信隊の増員試験が行われた時のことでした。

丁可村での新兵募集に応募した2人。

この時300人の新兵募集に対し、約2000人の応募あったのです!

倍率6.6倍という厳しい選抜試験が行われることになりました!

実は、基本能力である体力が無かったため、蒼仁と淡は選抜試験に落ちてしまうのです…。

しかし、信や可了貂が2人のそばを通った時、可了貂は2人の弓矢に注目します。

可了貂は、特殊技能や弓兵を求めていたこともあり、蒼仁と淡は弓の腕前を見せることになりました。

蒼仁は、普通の10倍もの距離から矢を的のど真ん中に命中させます

そして、蒼淡も同様の距離から的の真ん中に命中させました。

信と可了貂は、驚きのあまり空いた口が塞がらない状態!

ここで、2人の父親が中華十弓である蒼源だと語られます。

当時500歩の距離の的に、父・蒼源は8/10本矢を的に当てたそうです。

蒼仁と淡は同じ距離で10/10本、的に当てることに成功します!

すでに父を超える実力!

この実力から、晴れて飛信隊への入隊を許可されました!

500歩の距離から弓を打って当てる、2人の目と力とセンスは素晴らし過ぎます‼︎

上記での活躍もすごかったのですが、今後の活躍にも期待が膨らみますね!

これからの活躍が楽しみ!

 

まとめ

今回は、キングダムの飛信隊に所属する弓兄弟の蒼仁と淡について詳しくみていきました!

彼らの名前覚えて頂けましたか?(^^)

比較的に新しく、飛信隊のメンバーに加わった弓兄弟。

キングダムで、かなり重要な人物になるとことでしょう!

しかし、入隊試験に一度落ちていることに驚きました…。

入隊後はかなり活躍しているので、本当に入れてよかったと思っています(^^)

そして今回、彼らの名前と活躍を知ってもらえて嬉しいです!

今までもかなりの活躍をみてせくれている蒼仁と淡。

彼らのさらなる活躍を楽しみにしています!(^^)