キングダム

キングダム休載多い理由は?ヤングジャンプ休みすぎは小島さんのせい?

キングダム 休載 多い 理由 ヤングジャンプ 休みすぎ 小島
Pocket

週刊ヤングジャンプで連載中の大人気漫画『キングダム』!

しかし、ここ最近は休載が多いのが全読者の悩み。

毎週楽しみにしている読者からは「休みすぎ」との声もあります。

立て続けに休載するのには何か理由があるのでしょうか?

さらに、作者の原泰久先生がタレントの小島瑠璃子さんと交際しているということも、この1年の休載の多さに関係あるのではとの見方も…。

さすがに休載の頻度を見ていると、休みすぎと感じるのも分かる気がしますね。

この記事では、キングダムがヤングジャンプでの週刊連載の休載が多い理由について見ていきたいと思います!

原因は小島さんにあるのでしょうか?

読者の反応についても合わせてご紹介しました!

 

キングダム休載多い理由は?

毎週木曜日に発売される、週刊ヤングジャンプ

キングダムはそこで連載していますが、この1年ほど「キングダムの休載が多すぎる」とSNSでも話題になっています。

作者の体調不良など、やむを得ない理由があるなら納得もできますが、どうやらそうではない様子。

改めてどれくらいの頻度で休載したのかを確認し、その理由について考えてみました!

 

休載が多いキングダム!

2006年9月からヤングジャンプで連載中のキングダム。

ここ最近、休載が目立っていると感じませんか?

実際にはどうなのかということで、2020年12月3日発売の、ヤングジャンプ新年1号から、2021年7月15日発売のヤングジャンプ33・34合併特大号までの30冊中で休載数を数えてみました。

2021年にキングダムが休載したのは、2号・10号・14号・19号・24号・29号の6回

約5話に1回のペースで休載していることになりますね。

2020年の休載数は年間52号を通して8回でしたので、すでに去年より多いペースなのは明白。

さらに、2021年に発売された30冊の内4冊は合併号なので、雑誌自体の休刊が4回ありました。

キングダム休載→2週掲載→次週休刊といったスケジュールもあったので、「2週間に1回は休載している!」と読者が感じるのも仕方ないかもしれませんね。

 

休載が多い理由は作品のため?

2020年後半から増えたように感じるキングダムの休載。

気になる理由については、新刊の発売作業に伴う休載が多いようです。

確かに新刊の発売にはカバー表紙のカラー絵を仕上げたり、巻末のおまけ漫画を描いたりと色々と他の作業が伴うもの。

キングダムは週刊連載とは思えないほど、人物や建物などを細かく描き込んでいる作品ですから、週刊連載にプラスして別作業となると大変なのも頷けます。

さらに、2021年6月からはキングダム最大の展覧会『キングダム展−信−』も東京と福岡で開催!

展覧会は原先生全面監修とのことですし、20点もの描き下ろしイラストも展示されました。

このキングダム展の準備に伴う作業も加わったことから、2020年後半から休載が増えざるを得ない状況だったのかもしれません。

理由が作品のためなら納得もできますが、他の憶測も…

 

キングダム・ヤングジャンプ休みすぎは小島さんのせい?

2020年7月に週刊誌によって明かされたのが、原先生とタレント・小島瑠璃子さんの熱愛!

こちらの記事で詳しく紹介しています

キングダムの休載が増えたのは、この小島さんとの交際が原因なのでは?という憶測も広がっています。

ここからはその根拠と、さらに2人の破局について徹底調査!

読者の意見についても取り上げてみました!

 

ヤングジャンプ休載の原因は小島瑠璃子さん?

この1年、キングダムの休載が多い原因は、タレントの小島瑠璃子さんと作者・原先生の交際にあるのでは?との意見が広がっています。

2人は、2020年の7月に福岡でデートする姿が週刊誌で報じられ、交際が発覚。

2020年7月30日発売のヤングジャンプでは、キングダムは休載していました。

けれど、実はその前週のヤングジャンプは合併号休みで休刊だったのにも関わらず「新刊作業のため」と休載になったのが、ファンに不審に思われる発端に!

休刊だったなら新刊作業もできたのでは?

つまり原先生が、小島さんとの福岡デートを優先した結果、休載に至ったのではないかと思われてしまったのですね。

もちろん読者の憶測に過ぎないものの、小島さんとの交際発覚以降、休載が増えたと感じる読者も多くいます。

この1年の様々な要素が重なってしまった結果なのでしょうが、時期があまりにぴったりなので「小島さんとの交際のせい」と言われてしまうのも頷ける気も…。

 

キングダム作者が小島さんと破局!

2020年の春から交際しているという2人でしたが、2021年7月6日放送のテレビ番組の中で、小島瑠璃子さんが正式に原先生と破局したと明言しました。

『グータンヌーボ』ではぶっちゃけトーク全開でしたね。“彼と結婚すると思っていた”と話したり、今はスッキリしていている明かしたりと、吹っ切れた感じでした。

引用:https://friday.kodansha.co.jp/

原因はコロナ禍で会う機会が減り、年齢差からくる価値観や考え方の行き違いが浮き彫りになったからだそう。

2021年3月には、テレビ番組で小島さんが「順調」と発言するなど仲睦まじい様子でしたが、およそ1年での破局となりました。

このように、原先生が小島さんと付き合って以降、休載が多いのに合わせてキングダム本編の内容も「つまらなくなった」との意見も多数。

小島さんと破局した今後、休載が減ったり、展開が盛り上がるようなことになれば、より「小島さんのせいだった」と言われることになりそうです。

忙しいタイミングのせいだったと信じたいですが…

 

まとめ

2021年は特に休載が多いキングダム

ヤングジャンプとしても看板作品ですから、休載は少ないことに越したことはないでしょう…。

理由が小島さんとの交際にあるのかは分かりませんが、「休みすぎ」と読者が感じるほどというのも考えものですね;

小島さんと原先生の破局によって、もし今後ヤングジャンプでの掲載が増えるなら、読者としては嬉しいと言わざるを得ません。

とはいえキングダムの面白さは健在ですし、キングダム展の方も大盛況!

休みすぎと言われてまでも、素晴らしい展覧会に向けて準備してくれたと考えれば、休載が多い理由にも納得できそうです。

あれだけクオリティの高い作品ですから、今後もファンは温かい目で原先生とキングダムを見守っていきたいですね!