キングダム

キングダム政は悪い始皇帝になる?水銀で死ぬ史実の最後は描かれない?

キングダム 政 悪い 史実 水銀 死ぬ 始皇帝 最後 
Pocket

キングダムの政について、皆さまはどんなイメージをお持ちですか?

頭がいい、優しい、王として相応しい、イケメン…などプラスのイメージを持った方が多いと思います。

私自身、政はとても好印象で推しキャラの1人です(^^)

そんなキングダムの政ですが、史実ではどのように記されているかご存知ですか?

何と、キングダムの政とは真逆と言っても過言ではない、悪い始皇帝として記されているのです!

最後は水銀で死ぬとも言われています。

これは、一体どういうことなのでしょうか⁉︎

史実を元に描かれているキングダム。

政は、どのような最後を迎えるのか気になります(・・;)

そんな今回は、キングダムの政は悪い始皇帝になるのかについて考察!

史実での最後を元に、政の最後も考察していきます。

キングダムでは、一体どうなるのでしょうか⁉︎

私の願望も含めた考察となっております…(笑)

ぜひ、最後までお楽しみください(^^)

 

キングダム政は悪い始皇帝になる?

ここでは、キングダムの政が悪い始皇帝になるのかを考察していきます。

考察の材料として、まずは史実での政を紹介!

キングダムでは、民を想い戦う様も見せていた政ですが、史実では大量虐殺をしたという記録が…(・・;)

一体、何があったのでしょうか?

皆さまは、キングダムの政は変貌すると思いますか?

私の願望も含んだ考察を、ご覧ください(^^)

悪い始皇帝って、一体何をしたんだろう…?

 

史実の政の政策焚書坑儒を紹介!

キングダムの考察に入るにあたって、まずは史実の政から紹介していきます。

政が中華を統一した後、始皇帝として数々の改革を行ないました。

その中でも行き過ぎた政策だと評されているのが、焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)です!

焚書坑儒は、とても厳しい内容になっています。

簡単に内容をまとめました。

  • 秦国以外の他国の記録の焼却
  • 詩経・書経を論じたり、所蔵する者は処刑
  • 現世を批判する者は処刑
  • 上記の事実を知りながら摘発しなかった者は処刑
  • 焚書の命令後、30日以内に書物を焼却しなかった者は労役

など、思想弾圧の内容となっています。

これは一部の内容で、もっと細かく決まり事がありました。

上記を見ていただければ、“処刑”の文字が目立っているのが明白ですね(・・;)

また、坑儒については、儒者だけではなく占いなどに精通している人も含めて460人を生き埋めにしたという事件も記されていました。

何とも残忍ですよね…(・・;)

初めての中華統一ですから、行き過ぎな政策も今後の反乱を防ぐための地盤づくりだったと思われます。

しかしこのような政策が、政は悪い始皇帝として記録に残っているのでしょう。

恐ろしい政策だね…。

 

キングダムでは悪い始皇帝になる?

上記では、史実での政の政策について紹介していきました。

行き過ぎている政策や460人を生き埋めと、悪行と記録されてもおかしくはないように思えます(・・;)

では、キングダムではどうなのでしょうか?

キングダムにおいて、政は主人公の1人です。

そして秦国は、物語のメインとなっている国。

主人公である政を悪者とするには、漫画としてどうなのかなと思います(^◇^;)

しかし!

これまで、正直良い子すぎる政。

政の闇堕ちの展開を、見てみたい気持ちも正直あります(^◇^;)

正義感が強すぎるが故の闇堕ち。

一旦、闇堕ちして悪い始皇帝になった政が、信や仲間によって考えを改めるという展開はいかがでしょう?(^^)

中華を統一した後、キングダムがどこまで描かれるかはまだ未定。

もしかすると、統一した時点で終わるかもしれません。

政の闇堕ちと、それを救う信と仲間たちの話を私は読みたいですね(^^)

番外編でもいいので、描いて欲しいな…笑

どんな展開になるんだろう!

 

キングダム政は水銀で死ぬ史実の最後は描かれない?

上記では、政について史実とキングダム両方を見ていきました。

史実を元に、オリジナルストーリーを織り交ぜているキングダム。

政についても、きっとオリジナルの内容が混ざると思われます。

私的には、闇堕ちする政も見たいのですが…(^◇^;)

ここでは、その政の最後を見ていきます!

史実の最後を紹介し、キングダムでの最後を考察。

一体、どのような最後を迎えるのでしょうか⁉︎

水銀を飲んで死んだって本当なの?

 

史実政の水銀を飲んで死んだのは本当?

政の最後に、水銀を飲んで死んだという説があります。

その理由を紹介しましょう!

政が、水銀を飲んだとされる理由は、政自身が病に侵されていたからです。

病に倒れた政は、回復を願いますが、一向に良くなることはありませんでした。

政は、病回復のために水銀を飲んだと推測されます。

理由は、当時水銀は神秘的なものだったから

それ故に、不老不死の薬として使われていたという話もあったそうです。

しかし、実際に政が水銀を飲んだという記録はありません。

あくまで想像なのです。

始皇帝陵に水銀の川があった事も、その想像に行き着いた理由とされています。

史実での政は、神秘とされる水銀を重宝していたようでした。

政が水銀を重宝していたこと、水銀が不老不死の薬と言われていたことが理由で、水銀を飲んで死んだという話になったのでしょう…(^◇^;)

今では水銀を飲むという発想は、あり得ないですよね(^_^;)

昔は、水銀は不老不死の薬と言われてたんだね…。

 

キングダムでは史実の最後は描かれない?

では、キングダムの政の最後を考察していきましょう。

まず政が病気になるのは、あり得る話だと思います。

ただ、水銀を飲むという行為には至らないかと…(・・;)

なぜなら、上記でもあった通り、実際に水銀を飲んだという記録がないからです。

また、現代では水銀は水俣病を想像させます。

その水銀を飲むという行為を描くことは、コンプライアンス的にアウトかもしれません…。

よって、キングダムの政の最後は、病気で死ぬと考察!

皆に看取ってもらい、最後は笑顔で死ぬといった感じだと思っています!

特効薬などには頼らずに、死を受け入れるのではないでしょうか?

少しベタかもしれませんが、これまでの戦乱の激しさとは対照的に最後を迎えるものいいと思いました!

どんな最後でも、きっと涙なくして読めないね…。

 

まとめ

今回は、政についてキングダムと史実両方を見ていきました!

いかがでしたでしょうか?(^^)

史実での政は、悪い始皇帝として記録が残っていました。

中華を統一するということは、一朝一夕ではどうにもならなかったのは想像がつきます。

しかし焚書坑儒に関しては、残忍な政策故に“悪い”と言われても仕方がないでしょう。

史実を踏まえた内容になることを考慮すると…。

キングダムでは、闇堕ちして政が悪い始皇帝に一旦はなりますが、信と仲間たちによって考えを改めると、私は考察します!

また、政の最後についてもみていきましたね。

史実によって、水銀を飲んで死ぬという想像の説もあるそうですが、実際に飲んだという記録はありません。

水銀が当時、不老不死の薬とされていたのは驚きでしたが…(^◇^;)

そこでキングダムでの政の最後は、病気で死ぬと考えました。

皆様の考察はいかがでしたか?

中華統一に向けて本格的に動き出しているキングダム!

今後の政の動向にも注目したいですね(^^)