キングダム

キングダム政の演説は合従軍編!さいの名言は感動の渦!

キングダム 政 演説 合従軍 さい 名言
Pocket

キングダムに出てくる名言は、いつも読者の心を掴んでいます!

キングダムの魅力と言っても過言ではありません!

合従軍編で政の演説での数々の名言は、さいの民だけではなく私たちにも感動を与えてくれました(^^)

今回は、合従軍編での政の活躍を取り上げていきたいと思います‼︎

政の演説と名言、さいの民や兵士たちへの影響はどんなものだったのかを深掘り!

SNSでの政への感動コメントも紹介していきます(^^)

最後までお楽しみください!

 

キングダム政の演説は合従軍編!

ここでは、キングダムの政について改めて紹介します!

その後、合従軍編での政の演説について詳しくみていきましょう!

一体どんな人物なんだろう?

 

キングダム政とは?

キングダムの政(嬴政)は、中華統一を志す若き秦国の王です。

そこには、長い戦国の世を終わらせる目的があります。

主人公である信と同じ位物語の主軸となっているキャラクターです!

物語の中では、信や仲間と共に奪われかけた王政を奪還したり、山の民と同盟を結んだり、呂不韋との権力争いなど数々の険しい道を乗り越えてきました。

そんな政の性格は、冷静で平和主義!

常にポーカーフェイスを崩しません!

信や昌文君のことを大切な仲間として信頼しています。

見た目はイケメンで、実写映画では吉沢亮さんが演じられています!

非力なように見えますが、武芸にも長けており、真を片手で持ち上げるなど力も結構強いようです。

今回取り上げる合従軍編では、戦いの前線に立ちます

王として申し分ない人材であることが伝わります(^^)

かっこいいね‼︎

 

合従軍編で演説はどんなものだったのか?

合従軍編は、当時の中華に存在していた秦国以外の6カ国が同盟を結び、秦に攻め入り次々と城を落として首都である咸陽まで攻めてきた戦いです。

咸陽に最も近いさいが落とされりことは、秦国の敗北を意味していました。

しかも、さいは人口は多いものの老人や女性、子供たちばかりで戦力はない状態だったのです。

そんなさいのピンチに王である政が駆けつけます。

ここで政はさいの民や兵士たちに向かって演説を始めるのです!

「ここ(さい)で敵を止めねば秦国は滅亡する!」

王の言葉に皆が驚きの表情を浮かべます…。

無理もありません(^_^;)

しかし、政は淡々と敗北した後の話をします。

ここで、政の言葉に1人の少年が立ち上がり戦う意志を見せたのです。

すると政は次のように話します。

「この決戦の地で共に戦えることを誇りに思うぞ」

絶望の表情のさいの民が一変します!

え?大王様もここで戦うの?って…。

さいの民は混乱!

そして、政に王都に戻るようにと皆が声を上げます。

しかし、この声に対し政はこう語るのです。

「戻るものか」

「秦の命運を握る戦場に共に血を流すために俺はきたのだ」

一瞬現場は沈黙します。

皆、政の言葉に空いた口が塞がらない状態。

そして、「大王様と戦う‼︎」とさいの民は奮起するのです‼︎

「最後まで戦うぞ、秦の子らよ」

「我らが国を絶対に守り切るぞ!!」

この時の秦国の一体感は鳥肌ものでした!

そして、政やさいの民の活躍により、大ピンチだった合従軍との戦いに勝利することができたのです!

凄い演説だね‼︎

 

キングダム政さいの名言は感動の渦!

合従軍編での政の演説はどうでしたでしょうか?(^^)

キングダムでの名シーンの1つと言えるでしょう!

では、ここではあの演説での政の名言はどのような影響を与えたのかについてみていきます!

最後にSNSの感動の声も紹介しますよ!

SNSの声も気になる!

 

政の名言はさいでどんな影響を与えたのか?

先ほどは、政の演説シーンを名言と共にまとめました!

ここでは、この名言でどのような影響があったのかについてみていきます!

上でも話した通り、さいは人口は多いものの、その多くは老人や女性、子供だったのです。

お世辞でも、戦力があるとは言えません(^◇^;)

政の演説前半では、さいの民は秦国の滅亡に不安と絶望の表情を浮かべでていました。

しかし、大王様である政も共に戦うと伝えられた時には驚きと感動の表情に変わります。

そして「大王様が自ら戦場に出られるのに、なんで自分たちは怯えてるんだ!大王様と共に戦いぞ!」と奮起!

政は見事にさいの民や兵士たちの士気をあげたのでした!

結果2日ももたないと思われていたさいは、なんと7日間もの間李牧軍からの攻撃を耐え凌いだのです!

最後は政が密かに要請していた山の民の援軍により戦いに勝利することができました!

鍛えられた兵士たちの攻撃に7日間も耐えるさいの民…凄すぎます!

その士気を最大限にまであげた政の演説!

民に慕われ、民のために行動する政だからこそのものですね(^^)

そのカリスマ性は大王に相応しいです!

また、個人的に李牧を欺いた政の作戦。

知力も最上級だったとは、もう政完璧すぎませんか⁉︎

言葉でここまで人を動かすせいは本当に大王様だ!

 

SNSでの感動の声を紹介!

素晴らしいカリスマ性をここまで見せてくれた政。

SNSでも感動の声は堪えることなく呟かれています!

さいの民だけでなく、私たち読者の心も掴む政の演説…恐るべし!

今回はその一部を紹介します(^^)

この声が1番多かったです!

涙が止まらなくなるほど感動した政の演説!

凄すぎます(>_<)

キングダムの話の中でお気に入りの回はあると思います。

この合従軍編での政の演説シーンはは何回も見たくなる魅力がありますよね(^^)

アニメでは第3期がちょうど合従軍編!

近々、福山さんボイスであの演説が聞けるのではないでしょうか(^^)

確かに!実写ではどのように描かれるのでしょうか?

実写映画で吉沢亮さんが演じている姿…早く見たいものです!

感動だけでなく、アニメや映画でもこのシーンに期待が寄せられているね!

 

まとめ

今回は、キングダム合従軍編での政の演説とさいの民への影響をみていきました!

政の名言により、さいの民の士気は極限にまで引き上げられていましてね(^^)

結果、山の民の援軍の力もあり合従軍に勝利!

政のカリスマ性がより浮き彫りになったのではないでしょうか!

SNSでもこの政の演説と名言に感動の涙を流す人が続出!

私もその中の1人なんですけどね(;ω;)

今後も政の活躍とキングダムの展開に期待しましょう!