キングダム

キングダム成蟜の最後は?死亡で瑠衣へ名言を遺す!

キングダム 成蟜 最後 死亡 名言 瑠衣
Pocket

後の始皇帝である嬴政の中華統一までを描くキングダム!

15年もの間連載されて、アニメや実写映画とその人気は衰えることを知りません。

嬴政の活躍に目が行きがちですが、皆さん成蟜(せいきょう)の存在をお忘れではないですか?

映画やアニメ派の方は、成蟜をあまりよく思っておられないかもしれません。

しかし、この記事でその見方も180度変わること間違いなし!

今回は、成蟜の基本情報から最後の死亡シーンを始め、瑠衣に遺した感動の名言まで紹介していきます!

最後、成蟜が死亡する経緯や瑠衣への名言を聞くと成蟜のことが嫌いだった方も彼を見直すはずです!

私はこのシーンで涙腺が崩壊してしまいました…( ;  ; )

それでは、最後までお楽しみください♪

 

キングダム成蟜(せいきょう)の最後は?

ここでは、成蟜(せいきょう)の基本情報と最後に至った経緯を紹介していきます!

一体どんな人物なのでしょうか?

また、最後に至った経緯が個人的に胸が熱くなりましたので紹介します!

成蟜の初回登場と再登場で人格が違いすぎて…驚きと感動が止まらなかったのですが、詳細は後ほど( ;  ; )

では、早速見ていきましょう!

成蟜って何だか怖いイメージだな…。

 

秦国王弟成蟜(せいきょう)とはどんな人物?

まずは、成蟜(せいきょう)の基本情報をみていきましょう!

  • 名前:成蟜(せいきょう)
  • 身分:王族
  • 地位:王弟(嬴政の弟)
  • 公妃:瑠衣
  • 初登場:1巻
  • 再登場:25巻

成蟜は、嬴政の腹違いの弟です。

しかも、王家の正当な血統は成蟜の方にありました。

幼少期から王宮で育った彼の性格は、お世辞とも良いものとは言えません。

基本的には、王族以外を見下して、平民をゴミと思っていました。

また残虐な面も持ち合わせており、簡単に人を殺すなどその行いははっきり言って最低です。

読者の皆さんも、成蟜への第一印象は最悪だったと思います( ;  ; )

そんな成蟜、呂不韋の野望のために王にはなれませんでした。

嬴政から王位を奪うために暗殺を企て実行します。

ここは実写映画でも取り上げられました。

この成蟜のクーデター無くしてキングダムは始めらなかったんですね。

しかし嬴政との王座奪還の戦いで成蟜は敗れてしまいます。

嬴政は、成蟜を死罪にはせずに城に幽閉するに留めました。

幽閉される中、成蟜は改心します。

人のために国のためを考え行動できるようになりました!

再登場は、25巻〜34巻。

嬴政の味方として、秦国のために尽くしていくのです!

成蟜の変わりように驚かれた方は多いと思います!

顔つきも以前とは全く違い、真っ直ぐ芯のある人間になったことを表しているようでした!

呂不韋に屈しない姿がかっこいいんだよね!

 

一体どんな最後を迎えたの?

ここでは、成蟜(せいきょう)の最後について状況を整理していきましょう!

成蟜の公妃である瑠衣が屯留に里帰りをしている時に、反乱が起こってしまいます。

その反乱を鎮めるために成蟜は自ら出陣しました。

しかし、成蟜は呂不韋の画策により、反乱を起こした首謀者にされてしまったのです!

成蟜は、そのまま幽閉されることになりました。

瑠衣も別の場所で幽閉されることのなり、信たちが来る前に処刑されそうになるという絶対絶命の状態

しかし、成蟜は言葉巧みに牢屋番を金で買収し、牢屋から抜け出しました。

そのまま瑠衣の救出に向かいます。

途中で、敵の部下に見つかり重傷を負ってしまいますが、その足は止まることなく瑠衣の所に向かうのです!

負傷しながらも成蟜は瑠衣の元に駆けつけ、救出に成功すると安心したように息を引き取ってしまいました…。

瑠衣のためなら命をかける気迫が伺え、初登場の成蟜とはまるで別人で驚きです。

その姿にもう涙腺が崩壊してしまいました( ;  ; )

成蟜かっこ良すぎる!

 

キングダム成蟜(せいきょう)死亡で瑠衣へ名言を遺す!

上記では、成蟜(せいきょう)がいかに最悪な人間から改心して成長したかが分かっていただけましたか?

ここでは、上でも紹介した瑠衣との関係と最後の名言について紹介していきます。

公妃である瑠衣と成蟜は一体どんな関係だったのでしょう?

また、死に際に瑠衣に遺した言葉とは…?

最悪の男から最高の漢になった成蟜を紹介していきます!

瑠衣との関係気になる!

 

成蟜(せいきょう)と瑠衣は相思相愛夫婦!

瑠衣は成蟜(せいきょう)の第一夫人です。

この時代の結婚といえば、何となく政略結婚をイメージしてしまいますよね。

実は瑠衣は王の夫人になるために咸陽に赴き、成蟜の妻になりました。

まさに、政略結婚というわけです。

しかも成蟜が平民をゴミ呼ばわりしていた頃から、瑠衣は彼を見捨てずに寄り添っていました。

成蟜が幽閉されていた間も瑠衣は彼の側いて支えています。

そして、成蟜は王の座に就くことは出来なかったのも関わらず、瑠衣は成蟜を愛し、いつも気に留めていたのです。

瑠衣の気持ちが伝わったのか、成蟜も瑠衣に心を開き信頼し、愛していました

瑠衣が故郷に帰る際は、成蟜は彼女の曾祖母にお祝いの品を送るなど、しっかりと行動にも現れていたのです。

成蟜と瑠衣の痴話喧嘩的なシーンも作中にはあり、2人の仲の良さも伺え、とてもホッコリするものでした(^^)

おしどり夫婦なんだね!

 

瑠衣へ遺した名言が泣ける!

ここでは、成蟜(せいきょう)が最後に瑠衣に遺した名言を紹介していきます!

 あの時からずっと お前にほれている

これは、幽閉されている瑠衣を助けた際に最後に成蟜が遺した名言です!

あの時とは、成蟜と瑠衣が初めて会った時のこと。

初対面で瑠衣は成蟜の容姿をバカにする描写がありました。

対し、成蟜は半泣きで瑠衣に平手打ちをしています(^_^;)

そんな時から好きだったとか…こんな状況で言われたら涙が止まりません…( ;  ; )

また、それに対して瑠衣は次のように返答しました。

「………知っています。」

2人がいかに相思相愛だったかが伺えるシーンでした!

また、成蟜は自分の意志を瑠衣に託します

瑠衣はその意志をしっかり受け止め、成蟜一派をまとめ、嬴政の下につき、中華統一のために尽力するのでした。

成蟜は、中華統一の立役者と言っても過言ではないかもしれません。

もう涙が止まらない…!

 

まとめ

今回は、キングダム成蟜(せいきょう)と瑠衣についてみていきました!

いかがでしたでしょうか?(^^)

初めこそ最悪な印象でスタートした成蟜ですが、最後は最高の漢になっていましたね!

死亡の経緯、最後の瑠衣への名言が忘れられません…( ;  ; )

キングダムでは数々の名言が生まれていますが、成蟜の死亡前の言葉は最も感動する名言の1つだと思います!

そして、キングダム史上最も振り幅が大きかった人物だったのではないでしょうか(^^)

今後、成蟜の意志を引き継いだ瑠衣の活躍にも注目ですね!