キングダム

キングダム騰の最後は死亡?史実最強の戦いがある?

キングダム 騰 最後 死亡 史実 最強
Pocket

キングダムの騰は王騎将軍の副官として登場、王騎の死後も彼の軍を任され、主要な武将として活躍、さらには新六大将軍にも選ばれましたね!

特徴的な外国人風の容貌と、真顔で繰り出されるジョークが面白い、魅力的なキャラクターです。

そんな騰ですが、バリバリの現役で最後はまだ描かれていません

どこかの戦で死亡してしまうのでしょうか?

また、史実でも秦の主力として最強の戦いをしたことがあるのか、気になりますね!

この記事では、キングダムの騰の最後は死亡してしまうのか、最強の戦いがあったのか、史実をもとに考察してみます

 

キングダム騰の最後は死亡?

キングダムのはお茶目で面白い一面もありつつ、決めるところはしっかり決めるカッコいい武将です。

ファルファル」という独特の剣技も魅力的ですよね!

キングダム公式の総選挙でも第7位にランクインする人気キャラクター。

騰には、これから死亡シーンが描かれることはあるのでしょうか?

最後がどのような形になるのか、考察してみました!

 

キングダム騰の戦績を紹介!

それではまず、騰のこれまでの戦での活躍ぶりに注目してみましょう。

独特の「ファルファル」という擬音の鳴る剣技で敵を圧倒し、長年王騎将軍の補佐をしていたため経験値も高く、知将としての一面も。

キングダムの公式ガイドブックによると武力96、指揮力94、知力94、経験値Sというなかなかのハイスペック

六大将軍になるまでの長い道のりで、数々の武勲を挙げています。

主な戦績をまとめました。

  • 王騎の副官として馬陽の戦いに出陣、趙軍本陣へ切込み、趙荘を討ち取る
  • 合従軍との戦いで臨武君を討つ
  • 著雍の戦いで総大将となり、信や王賁などの若い戦力を招集、勝利へ導く
  • 鄴攻略編では魏西部を攻略中だったが北上、列尾を制圧
  • 什虎の戦いで蒙武や魏軍とともに本陣を落として寿胡王の生け捕りに成功

輝かしい活躍ですね!

数々の武功を立てている、秦の中でも主要な武将で間違いありません!

信に対しても好意的で、これからの戦力として育てようという気持ちがあるように思います。

王騎将軍が目をかけていた信に対しては騰も思う所があるのでしょう。

これからも戦場に出て、信にその背中を見せてあげてほしいものです。

まだまだ活躍してほしい~!

 

騰は最後に死亡する?

キングダムで騰の最後はどのように描かれるのでしょうか

史実での騰については後ほど詳しくご紹介しますが、騰の最後に関して史実には記述がありません

紀元前221年を最後にひっそりと歴史から姿を消しているようです。

ですが、キングダムでは史実にない部分はオリジナルで補完している部分もあるので、騰の死亡シーンが描かれる可能性はあると思います!

  • 李牧の謀略で死亡
  • 楚との決戦で死亡

このあたりが考えられるでしょうか。

李牧の謀略で騰が死亡してしまったら…王騎に続いて、となるとさすがに悔しいですね。

飄々としているキャラクターなので、なんだかんだと最後まで生き残っている可能性もあるのでは?

ちなみに、私はこの「騰がキングダム最終回まで生き残るという説」を推しています!

秦の中華統一後、王騎将軍のお墓に向かう騰のシーンがあったら胸熱だなぁ

 

騰の史実最強の戦いがある?

キングダムでは大活躍な騰ですが、史実によると実はそこまで目立った武将ではありません。

六大将軍というのもキングダムでの創作です。

史実でも華々しい活躍をしていた王翦や蒙恬などと比べると少々地味なように見えますが、心配ありません!

騰は秦の中華統一のための大事な役目を果たしていますよ!

それでは解説していきます♪

 

史実での騰の活躍は?

騰は史実に実在しますが、史実の騰は姓もなく、「内史騰」という役職のついた名で記載されています。

「内史」とは首都近辺の長官という役職だそう。

後に蒙恬も同じ内史となりました。

完全な文官というよりは、軍事も兼任した役職だったのではないでしょうか。

騰の武将としての活躍は?

騰は史実によると、元々韓の武将だったところを、秦に降ったとの記述にあります。

騰が史実で初めて出てくるのは、紀元前231年に秦が韓に攻め入って、韓が南陽の地を秦に割譲する出来事。

その南陽で仮の太守となったのがです。

史実では鄴攻めの後に騰が初登場するということですね。

王騎将軍の副官だったことや、その後の戦での大活躍はほぼキングダムオリジナルってことだね!

秦は紀元前221年に中華統一を果たしますが、その年の後から騰についての記述はなくなってしまいます。

 

騰の史実最強の戦いは?

騰の史実での最強エピソードといえば、韓を滅ぼしたことです!

紀元前230年、騰は10万の軍勢を率いて韓に攻め込み、王の韓安を捕虜とすることに成功しました。

そのまま韓は秦に領土を奪われ、滅亡してしまいます。

韓は戦国七雄の一つで、秦が倒さなければいけない六国のうちの一つですよね!

そして、秦が中華統一のために最初に滅ぼすのも韓です。

秦の中華統一の先鋒を、騰が任されたということですね。

騰は韓出身の武将ということもあり、地理に詳しいことからその役目を任されたのかもしれません。

史実によると、この頃の韓は既に国として弱体化していたことから大きな戦ではなかったと思われますが、秦の中華統一の重要な第一歩だったことに間違いはありません!

キングダムでも騰は秦の主力武将のため、この韓攻略に騰が向かうのはほぼ間違いないと思われます。

キングダムで描かれるのが楽しみ!信や王賁も一緒に出陣するんじゃないかな!?

 

まとめ

キングダムの騰は最強の武将の一人なことに間違いはありませんが、史実ではそれほどでもないというのは意外でしたね。

ですが、一つの国である韓を滅亡させたのは、最強の戦いだったことでしょう。

史実では騰の死亡場面がないことから、最後はキングダムオリジナル展開が考えられますね!

私の予想としては騰には生き残って欲しいですが、最後に死亡してしまうとしても、六大将軍になっている彼はきっと花道が用意されているはず!

これからの展開が楽しみですね♪