ワンピース

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報!ルフィとモモの助がカイドウvsヤマト戦に合流!

ONE PIECE 1025話 ネタバレ 最新 考察 確定
Pocket

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報 最終報!ルフィとモモの助がカイドウvsヤマト戦に合流!

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報 最終報!ルフィとモモの助がカイドウvsヤマト戦に合流!

2021年9月13日月曜日発売の週刊少年ジャンプに掲載予定の大人気漫画「ONE PIECE」第1025話のネタバレ確定最新話速報をお届けしていきます!

ワノ国編もクライマックスで、盛り上がってきましたね!

カイドウの本拠地 鬼ヶ島に乗り込んだ麦わらの一味と赤鞘の侍たちの戦いも決着に近づいてきています。

ONE PIECE ネタバレ1024話では、カイドウとヤマトの戦いが描かれていました。

復活したルフィもカイドウに再び挑むようです。

ルフィとヤマトの共闘が見られるのでしょうか?

霜月牛丸とゾロの関係も気になります。

ゾロのルーツについて、詳しいことが明かされるかもしれませんね。

鬼ヶ島が花の都に到達するまでの残り時間は15分。

どんな決着が待っているのか・・・?

ワノ国編では、伏線回収も進んでくるようなので、見逃せませんよ。

それでは、「ONE PIECE」第1025話ネタバレ確定最新話速報をお届けしていきます!

ワンピースの最新刊を無料で読む方法をご存じですか?

最近では漫画を無断アップロードしている海賊版サイトを多く見かけますが、違法なサイトではなく出版社も公認している電子書籍アプリがあるんです。

それがU-NEXT

なんと、U-NEXTでは現在無料お試しキャンペーンを実施中で、ワンピースの最新刊を無料で読むことができます。

以下に海賊版サイト一覧を列挙した記事を載せておきますが、非常に危険なサイトばかりなので絶対に利用しないでおきましょう!

≫【2021年最新】海賊版サイト一覧

あなたも安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンが終わってしまう前に、ぜひこの良さを体感してみてくださいね。

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報!

2021年9月13日月曜日発売の週刊少年ジャンプに掲載予定の「ONE PIECE」1025話のネタバレ確定最新話速報をお届けしていきます!

カイドウ側の勢力3万に対し、ルフィ側の勢力5千で始まった討ち入りでしたが、カイドウ側の部下たちを次々と味方につけたルフィ。

気づけば、カイドウ側 1万6千の兵に対して、ルフィ側 9千の兵となり、兵力の差は縮まりました。

麦わらの一味・ロー・キッド・赤鞘の侍たちの活躍により、百獣海賊団の幹部 飛び六胞も全滅!

残るは、バジル・ホーキンス、大看板 キング・クイーン・ジャック、そして四皇 ビッグマムとカイドウ。

鬼ヶ島が花の都に到達するタイムリミットもせまってまいりました。

いよいよクライマックスですね!

「ONE PIECE」1025話のタイトルは ”双龍図(そうりゅうず)” です。

”双龍図(そうりゅうず)” とは、二匹の龍ということのようですよ。

しのぶのジュクジュクの術で大人になったモモの助の巨大な龍が鬼ヶ島に突入!

波乱の予感です。

「ONE PIECE」1025話のネタバレ確定最新話速報をお届けします。

ネタバレ確定最新話速報は随時更新させていただきますので、いち早くチェックしたい方は、こちらのページをブクマしておいてくださいね!

 

ONE PIECE掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!

 

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報|飛べ!モモの助!

「おい!なにやってんだモモ!飛べよ!!」

巨大な龍になったモモの助の頭の上に乗ったルフィが怒っています。

立派な龍になったモモの助ですが、心は子供のまま・・・。

高い所が恐いので、飛ぶことができず、ガタガタ震えています。

ルフィに飛べと言われ、頭ではわかっていても身体が動きません。

しのぶとトラファルガーローの部下たちは、ルフィとモモの助とやりとりを不安気な表情でみつめています。

 

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報|カイドウとヤマトの戦い!

ドクロドーム屋上では、攻撃を終えたカイドウとヤマトが立っています。

お互い渾身の力で ”雷鳴八卦” を繰り出し、衝突した直後です。

カイドウは額から血を流し・・・。

ヤマトの頬は ”パキパキ” と音をたて、ヒビが入っていきます。

”鏡山(かがみやま)” と、言った瞬間、ヤマトの身体の表面が ”パリン” と割れて、ヤマトの本体が勢いよく飛び出してきました。

ヤマトは素早く体を回転させ金棒を振り上げると・・・

”氷諸(ひもろ)斬り” と叫び、攻撃を繰り出します。

カイドウは金棒で防御しようとしますが、ヤマトの攻撃が決まり ”ボゴォンッ” と地面にたたきつけられてしまいました。

「お前はカイドウの息子。お前がなにを背負おうとも、ここに来た侍たちの誰がお前を同志だと思うか!?」

カイドウは立ち上がり、すさまじい連続攻撃で反撃してきます。

「黙れ!関係ない話だ!!」

カイドウの連続攻撃を金棒で受けきったヤマトは、流れを断ち切るように大きく金棒を振り、カイドウに叩き込んでいきます。




ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報|ヤマトがカイドウにやられてピンチ!

「お前はこの島で、ずっと一人で生きてきた・・・島中を逃げ回り、屋根裏を這いまわり・・・ずっと一人で!!」

「お前に良くした奴らはみんな死んだ!あの時の侍も然り!!」

と言い、立ちあがってヤマトに近づくカイドウ。

カイドウは今まで、ヤマトにこっそり食事を与えたりする者が現れるたび、見せしめに処刑してきたらしい。

ヤマトは子どものときのことが頭をよぎりました。

自分に食べ物をくれた者が後日処刑され、物陰で声を殺し泣いた辛い記憶。

それでもヤマトは、カイドウにむかって行こうとしますが、逆にカイドウの攻撃をくらってしまい、金棒で地面のたたきつけられてしまいました。

「お前は鬼の子だ!人間とは仲良くなれねぇ!それがお前の運命だ!!」

カイドウは鬼のような形相で、地面に倒れているヤマトに、何度も金棒を振り下ろします。

”ドスッ”  ”ドゴッ” と痛々しい音があたりに響いています。

 

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報|モモの助が暴走!

しのぶのジュクジュクの術で大人になり、大きな龍になったモモの助。

高い所が苦手なため、なかなか飛ぶことができずにいましたが・・・

ついに意を決して空中に飛びあがりました。

スゴイ勢いで空を登っていくモモの助を無表情で見守る しのぶ。

”ああああああああぁぁ~” 頼りない叫び声と共に鬼ヶ島へ近づいていくのですが、モモの助は恐怖のあまり目を閉じていて前が見えていません。

ドクロドーム屋上に人影を発見したルフィが指示をだしますが、モモの助は目を閉じたまま暴走して、ライブフロアに頭から突っ込んでしまいました。

龍の姿のモモの助をカイドウと勘違いして、驚きの声をあげるカイドウの部下たち。

驚いて見上げる面々(クイーン・サンジ・ヒョウ五郎・河松・イゾウ・ゾロ・キング)。

ルフィが乗っていることに気が付くゾロ。

ライブフロアの壁をぶち破り、モモの助の暴走は続きます。

ルフィが「止まれ!モモ!!」と声をかけますが、モモの助はパニック状態。

城内2階の床をぶち抜き天井を突き抜け、フロアを貫通していくモモの助。

戦闘中のビッグマム・キッド・ローも口をあんぐり開け、目を見開いて驚いています。

「いい加減にしろ!目を開けろ!」と言われても、「目になにか入ったでござる・・・」と言い、ぎゅっと目をつむったまま・・・。

城内ではカイドウの部下たちが大騒ぎ。

カイドウが暴れていると言う者もいれば、色が違うことに気づき何者か確認しろと言う者もいて、みんなパニックしている様子。

ドクロドーム屋上にいるカイドウも城内からの破壊音に気づき、建物のダメージを気にして城を建て替えることを考えています。

 

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報|ルフィとモモの助がカイドウvsヤマト戦に合流!

「このまま終われるか・・・!!」

カイドウに滅多打ちにされたヤマトが、再び立ち上がります。

ヤマトの背後、遠くのほうに飛び上がる龍の姿・・・。

”あああああああぁぁぁ” と飛び上がったのは、ルフィを乗せたモモの助です。

城内から空中に飛び出してしまい、足場がない とうろたえています。

ドクロドーム屋上を指さして「あそこへつっこめ!」とルフィが言うと、「足場~!!」と言いながら突進していきます。

”神足(しんそく)” ヤマトは金棒を振り上げます。

”ギア4スネイクマン” ”ゴムゴムの・・・” モモの助の頭の上で攻撃態勢のルフィ。

”白蛇駆(はくじゃく)” ヤマトの攻撃!

”JET大蛇砲(ジェットカルヴァリン)” ルフィの攻撃!

二人の攻撃が同時にきまり、カイドウは白目をむいて倒れそうになっています。

「おまえがカイドウ止めてくれてたのか!?助かった!ありがとう!」とルフィが声をかけると

「よかった!」ヤマトは両手を高く上げて喜び、笑顔をみせました。

 

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報|二匹の龍!

ルフィとヤマトの攻撃をくらい、ダメージを受けたカイドウが龍の姿に変わりました。

巨大な龍になったカイドウとモモの助が顔をつき合わせています。

モモの助の頭の上にはルフィ。

「どうやって助かった!?その龍は何者だ!?名乗れ!!」と怒鳴るカイドウ。

「どうやっても死なねぇよ!おれは海賊王になる男だ!!」”ドン” と目を見開いて答えるルフィ。

「拙者の名は光月モモの助!ワノ国の将軍になる男でござる!!」モモの助も臆することなく答えました。

モモの助の立派な名乗り文句を聞いて、ヤマトは驚いています。

「ウォロロロロ 驚いた!あのガキか!?」

「この世に龍は二匹いらねぇんだよ!!」

カイドウは、モモの助を睨みつけました。

今回は、ここでおしまいです。

 

ONE PIECE1025話ネタバレ最新話考察

2021年9月13日月曜日発売の週刊少年ジャンプに掲載予定の大人気漫画「ONE PIECE」第1022話最新話のネタバレ考察をしていきます。

ワノ国編も最終局面に入りました!

カイドウの本拠地 鬼ヶ島に乗り込んだ麦わらの一味と赤鞘の侍たち。

それぞれ奮闘の末、カイドウの部下を次々と倒し、味方を増やしてきました。

復活したルフィが、今度こそカイドウを討つために、ふたたび鬼ヶ島を目指します。

鬼ヶ島が花の都に迫り、残された時間はわずか15分。

強敵たちを相手に、どう決着をつけるのでしょうか?

ワノ国編では ”ジョイボーイ” や ”太陽の神ニカ” などの謎や、ゾロのルーツが明かされそうですね。

もう、目が離せません。

それでは「ONE PIECE」第1025話のネタバレ最新話考察をしていきましょう!

 

ONE PIECE1025話ネタバレ最新話考察|ルフィが勝利宣言して再びカイドウに挑む?

一度は カイドウに挑み敗北してしまったルフィですが、この戦いの最初から一貫して ”カイドウを倒す” という意思表示をしています。

それは、敗北して海に落ちたあとも変わりません。

海に沈みゆく最中でさえも 「必ずカイドウに勝つ!」という意思をモモの助に伝えていました。

赤鞘の侍たちやワノ国のためにカイドウを倒したいというのも本心のようですが、カイドウを倒すという目的はそれ以前からあったようです。

パンクハザードでトラファルガー・ローと同盟を結んだときには、四皇を一人ひきずり下ろす算段をしています。

このとき、ルフィは「四皇はおれがぜんぶ倒すつもりだから!!」と言っていました。

海賊王になるルフィにとって、四皇は越えなければならない壁であって、ここで負けていたら、先へは進めないということです。

ルフィはワノ国編に入ってから繰り返し「カイドウを倒す!」と言ってきました。

まるで、負けるかもしれないという可能性をかき消すように、自分に言い聞かせているようにも思えます。

とにかくルフィは、負けるつもりなんてありませんから、リベンジマッチも勝利宣言から始まるのではないでしょうか?

先の戦いで、ルフィは覇王色の覇気を纏わせた攻撃でカイドウにダメージを与えることに成功しています。

なにか勝機をつかんでいるのかもしれません。

カイドウも覇王色の覇気を纏わせた攻撃をしますから、今後の戦いは覇気と覇気がぶつかり合う激しい戦いになることでしょう。

 

ONE PIECE1025話ネタバレ最新話考察|カイドウがヤマトを殺さないのはなぜか?

ヤマトは子供の頃から おでんに憧れています。

カイドウは、そんなヤマトが目障りで暴行を加えていたようです。

ときには、侍たちを捕らえている洞窟にとじこめたり、食事を与えなかったり・・・。

虐待というより、本当に殺そうとしているように見えますね。

カイドウは、子供のときに覇王色の覇気を発動させたヤマトの実力を認めながらも「おでんを名のるなら死ね!」と言っています。

しかし、20年たった現在でもヤマトは殺されていません。

はずすと爆発する手錠をつけられて島から出ることを許されていませんが、のちに自分に歯向かうとわかっていても生かされているのです。

カイドウは、ヤマトを戦力と考えているのでしょうか?

自分に従わないヤマトをいつまでも生かしておくほど優しい人物とは思えません。

ヤマトは何度もカイドウに挑み、そのたびに返り討ちにされてきたと言っていました。

子供時代のヤマトもキズだらけ。

その後20年も挑み続けて、命を取られずにいることが不思議ですね。

カイドウにかなわなかったとはいえ、ヤマトも相当な強さなので、戦うとしたら激しい戦いになるはずです・・・。

それで、命を落とさずにいられるということは、ヤマトの悪魔の実の能力が関係あるのかもしれません。

ヤマトの食べた悪魔の実は、イヌイヌの実 幻獣種 モデル 大口真神(おおくちのまかみ)。

希少な幻獣種です。

マルコの不死鳥のように、幻獣種ならではの特別な能力が備わっているとしたら・・・。

例えば、再生や不死のような能力だとしたら、簡単に殺すことはできないでしょう。

カイドウがヤマトを殺さずにいるのは、もしかすると ”殺さない” のではなく ”殺せない” ということなのかもしれません。




ONE PIECE1025話ネタバレ最新話考察|某と名のったのは霜月牛丸?

ヤマトの過去回想に登場した三人の侍。

そのうちの一人は、ヒョウ五郎と河松の記憶の中の霜月牛丸とビジュアルがそっくりですね。

ヤマトに名前を聞かれて「某(なにがし)」と名のった侍は、おそらく霜月牛丸でしょう。

カイドウに敗北したことを恥じて、名前を伏せているようです。

背中の入れ墨は、二本の刀が交差しているシンボルマークで、ゾロの出身地 シモツキ村の道場の師範たちが着ていた道着にも同じマークが入っていました。

霜月牛丸とシモツキ村・・・なにか関係がありそうですね。

侍たちは、洞窟に閉じ込められて食事も与えられず死にそうになっているヤマトを助けるため、岩戸を破壊したようですが、その後どうなったのかも気になります。

ヤマトの過去回想はもう少し見てみたいですね。

 

ONE PIECE1025話ネタバレ最新話考察!|ワノ国でロードポーネグリフがみつかる?

グランドラインの最終地点であり、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)があるとされている島 ”ラフテル”。

そこに行きつくための位置情報が記されているのが ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)”と呼ばれる赤い石です。

”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” は、4つあると言われています。

4つの ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” の示す場所を線で結んだときに、線と線が交差する地点が ”ラフテル” なので、4つの位置情報がそろわなければ ”ラフテル” にはたどり着けません。

麦わらの一味は現在、4つの ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” うちの2つを確認できています。

ひとつは ”ゾウ” で、もうひとつは ”ホールケーキアイランド” で確認しました。

”歴史の本文(ポーネグリフ)” は文字が読めるように写しをとればいいので、石を所有する必要はありません。

あとふたつで ”ラフテル” への道が開けるというわけです。

イヌアラシとネコマムシの話から、ロジャーの時代、ワノ国に ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” が存在していたことがわかっています。

”歴史の本文(ポーネグリフ)” 自体が、800年前にワノ国で光月家の職人によってつくられた物ですから、ワノ国にあっても不自然ではない・・・。

現在でもワノ国にあるという確証はありませんが、四皇 カイドウがワノ国にこだわる理由が ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” なのではないかと、筆者は考えています。

今までのカイドウの意味深なセリフを振り返ってみると答えが見えてきそうですね。

ルフィがやられて海に落ちた時のカイドウのセリフ。

「お前も ”ジョイボーイ” には なれなかったか・・・!」

ヤマトに、ワノ国から叩き出すと言われたあとのカイドウのセリフ。

「おれはここが「ワノ国」だから居座ってんだよ」

これらの発言から考えると、”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” はワノ国のどこかにあって、カイドウもまだみつけていないため、ワノ国を離れられないということではないでしょうか。

”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” は所有する必要はありませんが、ほかの海賊に読まれるわけにもいかない。

そして、カイドウがワノ国で ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” をみつけられないのはナゼなのか・・・。

ワノ国の ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” の隠し場所を知るには ”ジョイボーイ” の力が必要なのではないかと考えています。

カイドウは ”ジョイボーイ” がワノ国にあらわれて、 ”ロード歴史の本文(ポーネグリフ)” の隠し場所がわかるまで、よそ者を寄せつけないようにワノ国に拠点を構えて待っている。

そう考えると、カイドウの行動や意味深なセリフのつじつまが合ってくるのではないでしょうか。

 

 

ONE PIECE1025話ネタバレ確定最新話速報!まとめ

2021年9月13日月曜日発売の週刊少年ジャンプに掲載予定の大人気漫画「ONE PIECE」第1025話のネタバレ確定最新話速報をお届けしました。

カイドウの本拠地、鬼ヶ島での戦いも大詰めです!

「ONE PIECE」の長い物語も後半に入り、あちこちに散りばめられた謎の伏線が着々と回収されてきています。

ワノ国編でも伏線回収に進展があるのは間違いなさそうですね。

”ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)” に一歩づつ近づいていると思うと非常に楽しみです!

次回もまた「ONE PIECE」 のネタバレ最新話考察とネタバレ確定最新話速報をさせていただきますので、お楽しみに!