キングダム

李牧最後史実で処刑?キングダムで死亡シーンは?

李牧 最後 史実 処刑 キングダム 死亡
Pocket

アニメキングダム第3シリーズでも大好評!合従軍編での重要人物、李牧

強敵として秦の前に立ちふさがります!

彼はキングダムの中では強キャラ感満載ですが、史実では最後に処刑されて死亡したとも言われているのをご存じでしょうか?

一体誰に処刑され、どのような最後を迎え、死亡したのか

この記事では李牧について、史実と比較しながらご紹介します!

 

李牧最後史実で処刑?

キングダムでの李牧は趙の大将であり、秦の強敵として描かれています。

信とも幾度となく対面し、主人公の成長に一役買う素晴らしい悪役ですね!

そんな彼は史実でも優れた将軍でしたが、最後は、仕えた相手に処刑されてしまうというなんとも寂しいものなんです。

あんなに趙に尽くしたのにかわいそう!

それでは史実での李牧はどんな人生を歩んだのでしょうか?早速見てみましょう♪

 

李牧は史実に実在した!

李牧は史実ではどんな人物だったのでしょうか?

史記の「廉頗藺相如列伝」によると、彼はもともと北方の長官で、匈奴から趙を守備する役目を担っていました。

戦法は籠城戦で、決して討って出てはいけないと兵たちに伝え、安定的に国境を守備していましたが、そのやり方が原因で民や兵から「臆病者」と言われてしまい、一度任を解かれます。

ところが後任の大将の討って出る戦法では、たびたび匈奴に敗北、趙王は李牧に戻って欲しいと頼みます。

李牧は「自分のやり方を変えなくてよいなら戻る」と、再び北方の防衛の任につきます。

自信家だったんですね~

廉頗が魏に亡命した翌年、李牧は悼襄王によって起用され、燕を攻撃して武勲を立てています。

その後大将軍に任命され秦を攻撃、桓騎を敗走させるなどの活躍!

それからも、たびたび秦の侵攻を食い止め連戦連勝を収めます。

このとき秦の力は強大になっており、秦に対抗できるのは李牧のみ、とも言われていました。

史記の著者司馬遷からは「守戦の名将」と称され、高く評価されています。

 

最後は処刑される?

紀元前229年、秦は王翦・羌瘣・楊端和に趙の邯鄲を攻撃させ、それに対して趙は李牧と司馬尚を出し、邯鄲を防衛しました。

このとき、趙の守りが固く秦軍は苦戦、王翦は趙王・幽繆王の臣下である郭開に大量の金を与え、内部分裂を狙います

郭開は幽繆王に「李牧と司馬尚は反乱を起こす気でいます」と伝え、李牧の能力の高さを恐れていた幽繆王は郭開の言葉を信じ李牧を解任!

騙されてるよ~

ところが李牧は自分がいなくなればそれこそ趙は終わりだと命令を拒否し、これが原因で幽繆王は李牧を捕らえ、処刑してしまいます

要となる将を失った趙は、このわずか3か月後に滅亡してしまいました

 

李牧のキングダムで死亡シーンは?

キングダムで李牧は処刑されてしまうのでしょうか

キングダムは史実を基本としながらも、原先生のアレンジが加えられています。

特に史実にはっきりと記載されていない、想像の余地が許されている箇所に関しては大胆に再構成されている部分が多いため、李牧の最後に関しても史実と異なる展開もありえるのではないでしょうか

ここでは、キングダムで李牧はどんな運命を辿るのか、考察してみます!

 

キングダムでは処刑されない?

キングダムでの李牧の最後は、まだ描かれていません

史実では幽繆王によって処刑されていしまいますが、別の描かれ方は大いにありえると思います。

まず、李牧が捉えられて処刑される寸前までなったのが原作59巻ですが、このときの趙王は悼襄王ですね。幽繆王のお父さんです。

悼襄王が暗殺されてしまったことで悼襄王の長子・太子嘉により李牧は解放

その後悼襄王の遺言によって嘉の弟、遷が趙王となり、李牧は追われる身となり、司馬尚のもと・青歌へ向かいます。

悼襄王の死は紀元前236年のことなので、李牧の死亡まではまだ7年の猶予が

この時点で「疲れた…」とボロボロになっている李牧は、ここから這い上がって秦を追い詰めていくはずです。

李牧の死因としては処刑、暗殺、戦死などが考えられますが、敢えて悼襄王の時代に処刑寸前まで描いたということは、李牧の死亡シーンは別に用意してあると考えても良いのでは!?

まだまだ李牧には活躍の場が残されてる!

 

李牧は誰に討たれる?

史実通りにいけば王翦からの賄賂を受け取った郭開が幽繆王に進言して…といきますが、ファンとしては、ここまで最大の敵として描かれてきた李牧の最後が処刑というのはあまりにも切ないですよね…

やはりここは、戦場で一騎打ちをして華々しく散る…!というのを読者の皆さんも期待しているのではないでしょうか?

李牧と戦う秦の武将なら誰かな?

李牧と関係のある武将の中でも、主人公の信にぜひとも李牧を討って欲しいと思います!

信と李牧は、幾度となく戦場で出会い、ときには戦い、ときには会話を交わし、信の成長を促すような相手でした。

中でも、信が百人将として臨んだ戦いで、李牧は王騎将軍を討っています

その後信は王騎から矛と遺志を受け継ぎ、李牧に対し「お前をぶっ倒す」と宣戦布告

因縁の相手ですから、いつかは戦う相手…それが李牧の最後になるかもしれませんね!

信が李牧を一騎打ちで倒したらアツイ!

もし史実により沿う形にするならば、王翦が李牧を討つ…という展開もアリかと思います。

その場合でも、処刑という形ではなく、李牧の最後の場は戦場であってほしいですね。

 

まとめ

今回はキングダムの李牧を、史実を紐解きながらご紹介しました

智将でありながら勇猛果敢、強敵として申し分ない彼は史実ではなんと最後に処刑されて死亡してしまう…

キングダムでは李牧は最後に処刑されないのか?されないならばどのような運命を辿って死亡してしまうのか?

これからの展開が見逃せませんね!