キングダム

昌平君裏切る理由は?呂不韋や蒙武と史実の関係を紹介!

昌平君 裏切る 理由 呂不韋 蒙武 史実
Pocket

キングダムの昌平君は、秦では右丞相の地位につき、呂不韋の呂氏四柱の1人という重要人物です!

彼は軍の総司令官として君臨し、数々の戦略を練り秦の危機を救ってきました。

また、蒙武とは少年期から親友で、共に国を守る仲間です。

そんな昌平君ですが、あろうことか呂不韋を裏切ります!!

そのシーンは、かなり印象的ですよね…。

一体、裏切った理由は何なんでしょうか?

また史実をみて、とても興味深いことが分かりました。

蒙武と信頼の絆で結ばれていた昌平君、なんと史実では2人は敵同士!!

びっくりですよね…。

そして、呂不韋とも関係があったのか…?

今回は、昌平君が呂不韋を裏切った理由史実における彼らの関係を見ていきましょう。

 

昌平君裏切る理由は?

呂氏四柱の1人で、大きな功績をおさめ続ける昌平君。

そんな彼は、呂不韋を裏切ります

裏切る時の「世話になった」言い放った所は、キングダムの中でもかなり印象に残る場面でした!!

彼が呂不韋を裏切った理由は何なのでしょうか?

ここでは昌平君について少し詳しく見ていき、彼が呂不韋を裏切った理由を考えていきます。

 

昌平君とは?

キングダムにおいての昌平君は、知的で強くしかもイケメン!

とても人気の高いキャラクターです。

そんな彼は、秦国の軍総司令官で、秦国王・政と権力争いをしている呂不韋に仕える呂不韋四柱の一人

昌平君は、呂不韋の元で数々の功績をあげていきます。

そんな昌平君の性格は、かなり合理的に物事を考える人物だったようです。

なぜなら趙国との戦いでは、同じ呂不韋陣営で親友である蒙武を総大将におかず、王騎を総大将にしたから。

このことから戦いにおいて、情よりも勝てる確率の高い方を優先する合理的な考えの持ち主だといえますね。

また、自分の思う道に対して真っ直ぐな印象があります。

これが、裏切りに何か関係が有るのでしょうか…?

次をみていきましょう!

 

呂不韋を裏切る理由は?

昌平君が呂不韋を裏切る決断を下したのが、嫪毐の乱が起こった時です。

作中では、「ついに昌平君が呂不韋と袂を分かつという意思表示でもあるんだよ‼︎」と書かれているシーンがあります。

袂を分かつとは、行動を共にしていた人と離別する、関係をたつという意味です。

これで、昌平君が呂不韋を裏切ったことが分かりました。

では、どうしてそんなことをしたのでしょうか?

それには、彼の夢が関係していたのかもしれません。

実は昌平君も中華統一を夢見ていたのです。

昌平君のセリフには「現秦王はその夢を預けるに足る器の王だからだ。」と言ってる所があります。

このことから、政になら中華統一の夢を任せてもいいと思えたことが分かりました。

だから昌平君は呂不韋を裏切ったのです‼︎

自分の道に真っ直ぐは昌平君だからこその行動だったのかもしれませんね。

 

昌平君と呂不韋や蒙武と史実の関係を紹介!

今までは、キングダムにおける昌平君と彼の裏切りについてみていきました。

ここでは、史実ではどうだったのかをみていきましょう。

歴史書でもある史記に名前が残るのですから、昌平君が実在していたことは明らかです。

そんな彼と呂不韋、蒙武との関係はどうだったのでしょうか?

先に言ったように、昌平君と蒙武は史実では本当に敵同士だったのか⁉︎

キングダムを知る私たちには想像しにくいことですが、実際どうだったのでしょう…。

 

史実でも呂不韋と昌平君は関係がある?

史実における昌平君も呂不韋を支えています!

彼は、嫪毐の乱の際には叔父である昌文君とともに戦いを鎮圧したと記録が残っているのです。

そして、この功績を買われ昌平君は右丞相になりました。

しかし、昌平君のこれ以降目立った功績などの記録は残っていません。

また、秦王・政の時代に昌平君は御史大夫という地位についていたということが記録に残っていました。

この地位についていた時に、昌平君は呂不韋を補佐したことになっています。

このことから史実においても、呂不韋と昌平君には関係があったことが分かりましたね。

 

史実の昌平君と蒙武は敵同士?

キングダムにおいて、幼少期からの親友同士であった昌平君と蒙武

しかし史実では、蒙武が昌平君を破っていることが記されています。

実は史実において、昌平君と蒙武との関係の記録は残っていないのです。

つまり、彼らは親友どころか知り合いでも無かった可能性があります。

そしてほどなくして、昌平君は秦を去り楚の王として登場します。

その時に昌平君の軍と戦ったのが、王翦と蒙武だったのです。

そこで、王翦と蒙武の軍は昌平君の軍を破り、楚を滅ぼします

ちなみに、ここで昌平君も死亡したとのことです。

キングダムを知る身としては、史実とのギャップがありすぎて頭が追いつかない感じですね…。

 

まとめ

キングダムにおいて呂不韋の元で呂氏四柱の1人だった昌平君

蒙武とも少年期からの親友であり、秦国を共に支えていたことで知られています。

今回はまず、昌平君の呂不韋への裏切りとその理由についておっていきました!

昌平君はロウアイの乱で、呂不韋を裏切ります。

キングダムの中でもかなり印象に残るシーンです!

合理主義の昌平君の呂不韋裏切りの理由は、中華統一の夢があったから。

政になら、その夢を任せてもいいと思ったからでした。

彼の真っ直ぐな面を見れた場面でしたね。

また、今回は史実からも彼らの関係をみてきたわけですが…。

史実でも、昌平君と呂不韋は関わりがあったことが分かりました。

しかし蒙武と昌平君に関わりが無かったことは衝撃でした!

しかも、敵同士になって戦うということに驚きを隠せませんでしたね…。

こうやって史実との関係やキャラクターをみていくと、キングダム難しい面はありますけど、めちゃくちゃ面白いですよね!

今回の話題で、史実を交えるとよりキングダムが面白く、深くハマってしまうきっかけになってもらえれば嬉しいです(^^)